バコパの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>バコパ
スポンサードリンク

バコパ(ステラ)

バコパ
科名ゴマノハグサ科
別名ステラ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


花が咲いているツルの先を切り落とすと脇芽が出てきて、しばらくすると一回り多く育ちます。この作業を摘芯と言います。
生育サイクル…一年草と考えた方が吉
春に植え付けて、夏に花が止まりますが、上手く夏を越せれば秋にも花が咲きます。霜に当たったり、凍結しなければ冬を越してまた春に花が咲きます。しかし、夏の暑さに弱く、自生地では多年草ですが日本では一年草と考えた方が気が楽です。
夏前に切り戻し
寒さには耐性があるのですが、夏の暑さに弱いです。夏前に、葉っぱをすいたり、切り戻しをして風通しをよくして蒸れを防ぎます。どっちみち真夏は花が休みますので、バッサリと半分に切ります。夏を越せれば、秋にはまた咲きます。
●花を犠牲にしても切り戻しをするとよく株が広がる
●夏も涼しければ咲くが枯れ気味。
●葉っぱが臭い
●冬は花が咲かない、とされていますが、実際はチラホラと咲くことも。大輪系は冬も咲きやすいという話です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をやってください
土が乾いたらたっぷりと水をやってください。湿気を好むとも言いますが、水のやりすぎは根腐れの元。土がぬれている間は水は控えましょう。

夏場は乾燥し過ぎないように気をつけましょう。真夏は朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。
肥料
開花時期に一週間に一回ほど液体肥料を与えてください。肥料が多いと花付が悪くなりますので、「あれ」と思ったら肥料は中断しましょう。
●一旦水が切れると、葉っぱや花がカサカサになって復活不能です。極端な乾燥にならないように気をつけましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土赤玉土6腐葉土4を混ぜたものか市販されている花と野菜の土で植え付けをします。市販されている土で十分です。

翌年の春に鉢底から根が出ているようであれば、植え替えをします。一回り大きな鉢を用意し、そこ抜いたバコパを鉢にスポッと入れて、土を足して水を注いで完了です。
根詰まりか、それ直前の状態だと、水をやっても水切れが置きやすく、夏にすぐチリチリになります。
●簡単に挿し芽で増える。春に挿し芽すると簡単だが、夏だと腐ってしまうので、4月から5月上旬に。
●株分けも可能。春か秋の鉢の植え替えのときにサックリと割いて分ける。
●大輪系の品種を選ぶと花摘みが楽です。小輪系のほうがかわいいので小輪系を選びがちですが。コスモホワイトやガリバーホワイトが大きいです。
●小輪系は花ガラ摘みするより、花がひと段落したら切り戻しをするほうが楽。脇枝も増えて、次の花も増える。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所に植えますが、真夏に西日がガンガン当たると乾燥して傷みますので、西日が当たらない場所に植えましょう。

冬の寒さに強く、霜柱、土の凍結、霜に当たらなければ屋外で越冬します。

夏の暑さに弱いので、夏は刈り込んで風通しをよくします。
初心者には夏越しは厳しい。地域によっても厳しい。一年草を考えるのが精神的によい。
●冬越しは簡単。暖地なら問題なし。他の地域も室内に取り入れれば容易。難しいのは夏越です。
●雨に当たると花はしぼみやすい、とされるが、それよりも梅雨や長雨の「蒸れ」の方が株には良くない。雨にあたってしぼむより次の開花の方が早い。この部分はあまり気にしないでもいい。水をやるときも花にバシャーと掛けても大差ない。
スポンサードリンク

その他

●枝がポキポキ折れやすい。花ガラ摘もうとしてよく折れる。
●サプリメントに「バコパ」とありますが、あれはバコパ・モンニエというゴマノハグサ科の水草で、バコパやステラのことではありません。食べないでください(臭いから食べないでしょうけど)。

特徴・由来・伝承


小さなかわいらしい花が咲き乱れます。草丈が低く、地を這うタイプなのでグランドカバーに向いています。

花の色合いや形にクセが無いので他の植物とあわせてもキレイにまとまるのでハンギングや寄せ植えにも人気です。

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用