美女撫子の育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>美女撫子
スポンサードリンク

美女撫子(髭撫子)

美女撫子
科名ナデシコ科
属名ナデシコ属
学名Dianthus barbaltus
別名髭撫子
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

美女撫子はある程度成長した株が低温に当たると、花芽をつけます。でも低温に当たらなくても、花芽を付けるタイプの美女撫子があります。これは四季咲きダイアンサス(四季咲きナデシコ)、もしくは単にダイアンサスと呼ばれます。⇒四季咲きナデシコ・テルスター

本来は多年草
多年草とか、秋に種を撒いて翌年の春に花が咲くことから、2年草と言われることもあります。本来は毎年咲くのですが、真夏の暑さと多湿によわくて、枯れることが多いです。夏越しは難しくはありません。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやる
土が乾いていたら水をやってください。美女撫子は比較的乾燥に強く、多湿に弱いので、水のやりすぎには注意してください。長期間土が濡れている状態が続くと根が腐って枯れてしまいます。

肥料のやりすぎで花がつかない
窒素分の多い肥料をやったり、肥料そのものが多すぎると葉っぱが茂るばかりで花が咲かなくなります。葉っぱがたくさんあるので、全然花が咲かないなぁ、と思ったら肥料をストップしましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

種蒔きでも苗でも
種を撒くこともありますし、苗植えもあります。種蒔きは秋、苗は冬に流通するものを植え付けます。

管理場所・日当たり

寒さには強く関東以西であれば問題ありません。土が凍るほど寒い寒冷地であれば鉢植えにして室内で管理するのが無難です。

寒さより高温多湿に注意
高温多湿に若干弱く、真夏は半日陰・日陰に移動させて風通しよい環境でないと弱ってしまいます。

寒さに当てる
流通している撫子のほとんどが四季咲きなのですが、本来の美女撫子は寒さにあたって花芽をつけるので、花を咲かせるためには、寒さにあててやらないといけません。冬は戸外で管理してください。

特徴・由来・伝承

ビジョナデシコ(美女撫子)はナデシコ科の植物で、日本に昔から見かける園芸植物です。原産地はヨーロッパ。切り花としても流通しています。美女撫子は花の縁がヒゲのようでもあるので、ヒゲ撫子とも呼ばれます。美女撫子の園芸品種の一つがテマリソウとして流通しています。

アメリカ撫子とも呼ばれるのはヨーロッパからアメリカに伝わり、それが日本に渡来したため。撫子は「撫でたくなるくらいかわいい子」という意味。

スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用