ダッチアイリス

MENU
使い方
TOP>アヤメ科>ダッチアイリス
スポンサードリンク

ダッチアイリス

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アヤメ科
学名Iris × hollandica
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
球根植物。育つ環境は「普通の土」。よく似た花の「ショウブ」「カキツバタ」のように湿地帯では育たず腐ってしまうので注意。秋に植え、冬を越して、春に開花し、夏は地上部が枯れて休眠する。庭植え推奨。
大きさ・草丈・樹高
草丈50cmから80cm。横幅40cmから60cm。
まとめ
●日当たりで育てる。
●秋に植え、冬を越して、春に開花し、夏は地上部が枯れて休眠する。
●見た目が湿地で育つカキツバタ・ショウブ(ハナショウブ)に似ているが、普通の乾燥した土に育つ。水をやりすぎると腐ってかれる。水やりは普通に「土が乾いたらやる」。
●夏は休眠しているので水やりはストップする。
●秋・春・開花後に肥料をやる。
●花が終わったら摘む。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏、ダッチアイリスは休眠しています。葉っぱが枯れて地上部がなくなったら水やりはストップします。
肥料
秋と活動を始める前の3月4月に骨粉と油粕か、緩効性化成肥料をやります。あとは開花後に液体肥料を二週間に一回やります。開花後の肥料は球根を太らせ、来年も開花させるための肥料です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
植え替え・植え付けは秋に行う。
庭植えは数年植えっぱなですが3年か4年に一回植え替えをします。庭植えの植え替えは分球して株分けするのが目的。鉢植えは毎年植え替えをする。じゃないと根詰まりします鉢植えは夏も鉢植えのままで管理して、10月に掘り出して植え直すのでもいいです。
掘り上げて保管する場合は、花が終わって葉っぱが枯れ始めた頃(6月)に掘り上げて、綺麗に洗い、消毒してから、雨の当たらない日陰の風通しの良いところで保管する。
用土
酸性土壌を嫌う。庭植えする場合は苦土石灰で中和する。
水はけの良い土じゃないと腐ってしまう。用土は一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。
植え付け方法
株同士は10cmから15cmくらいに少し詰め気味に植えた方が綺麗に開花します。
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。球根は5cmの深さに植える。根が下へと伸びるので出来るだけ深い鉢を用意する。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰を混ぜて中和させておく。掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、球根を入れて、最後に水をやって完成です。球根は10cmの深さに植える。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●植え付けてしばらく…二週間か三週間は庭植えでもしっかりと水やりをする。

スポンサードリンク

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで管理。
多湿が苦手なので鉢植えの場合は梅雨や秋の長雨の時には雨に当たらない軒下に移動させる。

霜にはあてない。
また土が凍結すると球根が枯れてしまうので、腐葉土を被せてマルチングして凍結を防ぐ。鉢植えの場合は凍結しない場所に移動させる。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
アブラムシ
アブラムシはウィルス病に感染させるので見つけ次第薬剤をまいて防除する。
病害虫より、水のやりすぎによる球根の腐敗に注意。
剪定
花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。また花が腐って病気になることもある。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
オランダで品種改良されたアイリス。スパニッシュ・アイリス を基にティンギダナやフォンタネシーなどが掛け合わせて作られた園芸種です。オランダで作られたから「ダッチアイリス」。花茎が長く切り花として利用されることも多い。ジャーマンアイリスは根茎。ダッチアイリスは球根。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アヤメ科の仲間


アヤメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用