アロマティコの育て方

TOP >シソ科>イングリッシュラベンダー>>管理

アロマティコ(イングリッシュラベンダーアロマティコ)

nophoto
科名シソ科
属名ラベンデュラ属
学名Lavandula angustifolia 'Aroma Tico'
別名イングリッシュラベンダーアロマティコ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. アロマティコの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 特徴・由来・伝承
  8. SNSボタン・関連記事

アロマティコの育て方

文章の修正アロマティコはイングリッシュラベンダー園芸品種。夏の暑さにある程度の耐性があり、初心者でも楽しめるようになっています。とはいっても、夏がイングリッシュラベンダーにとっての鬼門であることに変わりは無く、夏前か梅雨前に刈り込んで風通しを良くした方がいいです。二季咲きで真夏は休みますが、春と秋に開花します。四季咲きと言う人もいます。
参考
ラベンダーの系統まとめ
ラベンダーの管理
ラベンダーの種類(系統)と耐寒温度と耐暑性のまとめ
ラベンダーの管理
●うちのサイトではラバンディン系に入れているように、境目は曖昧。頑健なので育て方はラバンディン系を参考にしてください。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正過湿に弱いので水のやりすぎに注意
比較的乾燥を好みます。春から秋は土が乾いていたら水をやります。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。水やりを控えると言った場合、水の量を控えるのではなく、水やりの回数を減らすという意味合いです。夏でも冬でも水をやるときは、鉢植えならば鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやってください。
冬は生育が止まっていますし水の蒸発も少ないので、土が乾いてから数日経ってから水をやる程度に控えます。
庭植えした場合は、日照りが続かない限りは水はやらないでOKです。

肥料

文章の修正生育時期に肥料
鉢植えであれば春と秋の生育時期は液体肥料を二週に一回やるか、1ヶ月に一回やります。夏と冬に肥料が残るのを避けたいので、慣れていないなら、水やりで流れ出て残りにくい液体肥料を使った方が無難です。

庭植えであれば、追肥の必要はないです。あまりに生育が悪いなら鉢植えのように生育時期に肥料を少量やります。

アロマティコは夏の暑さに強いのですが、それでも株が弱いと夏越しが厳しいので、この生育時期にしっかりと成長させて株を太らせておくと、夏越しの確率がグっと上がります。

植え付け・植えかえ

時期

文章の修正アロマティコは強いラベンダーなので真夏・真冬以外であれば、ほぼいつでも植え替え・植え付けは可能。ただ花が咲いているときは植え替えはしないようにします(ダメージが大きくなるから)。一般的には春か秋に植え付け・植え替えをします。一番適しているのは3月〜4月の最低気温が5度以上になったあたり。
鉢植えの場合は一回り大きな鉢に植え替えをします。庭植えでもOKです。

アロマティコは根詰まりに弱い
イングリッシュラベンダーは根詰まりに弱いです。鉢植えの場合は、毎年植え替えてください。

用土

文章の修正用土観葉植物の土でも
イングリッシュラベンダーアロマティコは水はけのよい土を好みます。ラベンダーの専用土というのも流通していますのでそちらを利用するか、それが手に入らない場合は、観葉植物の土を利用します。市販の花と野菜の土(培養土)を利用する場合はここに川砂か赤玉土を1割ほど混ぜて水はけをよくしてから植え替えに利用します。

庭に植える場合は、とにかく水はけをよくしてください。粘土質で水はけが悪い場合は、川砂を混ぜて水はけをよくしてから、アロマティコを植えてください。庭土を掘って水が染み出すようなら庭植えはあきらめましょう。

鉢植え

文章の修正ラベンダーの鉢の植え替えは
ラベンダーの鉢植えの植え替え・庭植え・種まきのまとめ
ラベンダーの管理
を参考に。

庭植え

文章の修正アロマティコは酸性土壌を嫌うので、植え付けの1週間前に根鉢(株の根の部分)の2倍の直径と、2倍の深さの穴を掘って、苦土石灰を混ぜておきます。1週間で反応が終わるので、1週間後に植え付けをします。株同士は30cm〜50cmは空けておきます。株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
ラベンダーの鉢植えの植え替え・庭植え・種まきのまとめ
ラベンダーの管理

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで管理
アロマティコは夏の暑さにも強いので、年間を通して日当たりで管理します。切り戻しをしても夏の暑さでへばっているようであれば、半日陰に移動させてください。アロマティコに限らず、ラベンダーの夏越しで大事なのは「風通し」です。風さえ通ればかなり夏越しの確率があがります。鉢植えであれば棚やスタンドの上に置いて、鉢の下に風が通るといいです。

庭植えであれば、夏に木が茂って木陰(=半日陰)になる場所に植えましょう。もしくは一年中半日陰の場所に植えましょう。

霜に当たっても枯れることはありません。

剪定

文章の修正夏前か梅雨前に刈り込んで風通しをよくするといいです。夏の暑さに強いのですが、置き場所によっては枯れ込むことがあります。半分か三分の一に刈り込んで、古い枝をさばいて、傷んだ葉っぱを落として風通しをよくします。

また突然死を防ぐために二年に一回ほど強い剪定をします。突然死は完全には防げないので、挿木で保険をおかけておきましょう。
ラベンダーの強剪定の時期と方法
ラベンダーの管理

特徴・由来・伝承

文章の修正イングリッシュラベンダーの園芸品種。通常のイングリッシュラベンダーが夏の暑さにやられて、花が休んだり、花が色あせたり、暑さと蒸れて枯れてしまうのに対して、アロマティコは比較的暑さに強く、夏を越して秋にもう一度花を咲かせてくれます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

シソ科
カーリーミント
シソ科ハッカ属
クールミント
シソ科ハッカ属
ホーリーバジル
シソ科メボウキ属
シソ
シソ科シソ属
オルトシフォン・ラビアツス
シソ科オルトシフォン属
コリウス・ブラックマジック
シソ科コリウス属
ニンジンボク
シソ科ハマゴウ属
コリウス・ニューゴールド
シソ科コリウス属
スポンサーリンク