ヤロウの育て方

MENU
TOP>キク科>ヤロウ
スポンサードリンク

ヤロウ(鋸草・アキレア・ノコギリソウ)

ヤロウ
科名キク科
属名ノコギリソウ属
学名Achillea alpina
別名鋸草・アキレア・ノコギリソウ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

高山性で暑さに弱いハーブ
めっきり温暖化した現在では、夏に枯れることもあります。風通しのよいところで管理するのがコツです。
逆に寒さには強くマイナス10度まで耐える
冬は地上部が枯れてしまう宿根草ですが、春にはまた芽を出します。
育てやすい部類
夏の暑さに弱いといっても夏越し出来ないほどでもありません。

水やりと肥料


春から夏の水やり:鉢植えの場合
乾燥した痩せ地を好んで生える植物で、水をやりすぎると簡単に腐ってしまいます。コツは水を控えること。鉢植えにしていて土が濡れているうちは絶対に水をやらないでください。
春から夏の水やり:庭植えの場合
植え付け直後は根が張るまでは水をやります。一旦根付いたら、真夏までは水をやる必要はありません。真夏は朝と夕方の二回、土とノコギリソウの状態を見て水をやります。もしも湿気て蒸れているようであれば、葉っぱをむしって風通しをよくするか、半分か三分の一程度に切り戻しをします。
秋から冬の水やり
冬になると地上部がなくなり、根だけになります。春にはまた芽が出るのですが、冬の間は何も生えていないので水やりを忘れてしまいます。庭植えした場合は、降雨だけで十分ですが、鉢植えにしていて軒下などの雨に当たらないところに置いていると乾燥で枯れてしまいます。マイナス10度まで耐えられますから雨ざらしにするか、忘れないように水遣りをしましょう。
肥料は控える
もしも植えつけの際に花と野菜の土・培養土を使用した場合は、この中に肥料が入っていますので肥料を追加する必要はありません。入っていない場合は様子を見て液肥をやってください。ただし肥料が多いと葉っぱが黄色く変色してきます。ノコギリソウは痩せ地を好みます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植えでも鉢植えでも
寒さに強いので冬は大丈夫です。問題は夏。夏の暑さに弱く、あまり風通しが悪いと枯れることもあります。初めてのチャレンジならば鉢植えが吉。
用土
水はけのよいものを好みます。一般的な花と野菜の培養土で構いません。自作する場合は赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜ、ここに緩効性肥料を少量入れます。
肥料はあまり必要ではありません。
株の寿命は三年
春に植えて秋まで花を楽しみ、冬に地上部が枯れて――というサイクルを繰り返すのですが、ノコギリソウは株に寿命があり、三年ほどで老化して徐々に消えてしまいます。3年目以降も楽しむには春(5月)に挿し木や株分けで、新しい株を作って(株の更新といいます)あげましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


日当たりを好みます。
しかし夏の暑さに弱いので夏は半日陰か風通しのよいところに移動させます。もしくは6月に切り戻しをしておくことで夏越ししやすくします。

特徴・由来・伝承


アキレア属の仲間は日本にも自生していますが、高山性の植物で低地では暑さで痛みやすい。別名のノコギリソウと言う名前の由来はギザギザしたノコギリのような葉っぱの形から。名前が工具をもとにしているのですが、容姿は涼しげで可憐。花の色合いはどちらかというと渋いもので、玄人好みだと思います。

学名がアキレアなので、切花として流通するときはアキレアで出荷されることが多いよう。アキレアという名前はギリシャ神話のアキレスがケンタウロスからノコギリソウの止血効果について教えられ、自軍の傷薬に利用したことから。ちなみにアキレス(アキレウス)は赤ん坊のときに、母テティスに不死の体になる泉につけられた際に踵(カカト)を掴まれていた為にカカトだけが不死にならず、そこを弓で射られて死んでしまいます。なので踵の腱を「アキレス腱」というようになりました。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用