プミラの育て方

MENU
TOP>クワ科>プミラ
スポンサードリンク

プミラ(フィカスプミラ・オオイタビ)

プミラ
科名クワ科
学名Ficus
別名フィカスプミラ・オオイタビ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


小さな葉っぱに、白い斑が入っている草丈の低いグランドカバーにも使える植物。よく寄せ植え寄せ鉢などにも使われ、切り花で利用されることも。

プミラは室内の日当たりが少ないところでも育てることは出来るのですが、室内で管理する時は水の量が微妙になるので、コツをつかむまでは難しいです。水が不足するとカリカリのミイラになりますし、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。基本は土が乾いていたら水をやるというもので、何度か水をやりながらコツを掴んでください。

水やりと肥料

<春~秋>生育期は水を欲しがりますので、水をしっかりとあげてください。土の表面が乾いたら水をたっぷりと鉢底から染み出すくらいにやってください。この時期は水が切れるとあっという間にカリカリになります。

涼しくなってくると、生育しなくなり、水を吸い上げる力が弱くなりますので、水をやり過ぎると根が腐ってしまいます。頻度を減らして乾かし気味にしてください。

<冬>水の吸い上げの力が弱いのですが、室内で管理していると葉っぱの水分が暖房で無くなってしまいます。しかしあまり土に水を頻繁にやると根腐れを起こします。そこで霧吹きをかけて水分補給してやってください。空気中の湿度が高いのを好む植物なので、葉っぱに霧吹きを掛けてやら無いと「カリカリ」になってしまいます。

管理場所・日当たり

<春~夏>日光を好みます。日が当たると葉っぱの色艶も良くなり、どんどん伸びていきます。日陰は間延びしてしまいます。ですが、少々日陰でも枯れることがありませんので、室内の自然光が差し込む場所に飾るのもいいでしょう。

日光を好むものの、夏の直射日光には葉っぱが傷みます。真夏は半日陰に移動させるか、窓辺に置く場合はカーテン越しの日差しにしてやってください。

<冬>0度まで耐えますが、霜に当たると傷んでしまいます。暖地では戸外で越冬。霜が降りる地域では軒下であれば戸外で越冬可能です。寒冷地では冬は室内に取り込んでください。

特徴・由来・伝承

小さい葉っぱで株も小さく、立ち上がらないので、室内観葉としても人気があります。頑健でハイドロカルチャーでも育つために、男性でプミラを部屋で育てる人も居ます。

ただ、水をやり忘れると葉っぱがカリカリになって枯れることが多いです。

日本にも自生しているのですが、お店で流通するような白い附(ふ)が入っていないのと、年数が立つと全く違う外見になってしまうためです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クワ科の仲間


クワ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用