ローズリーフセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>ローズリーフセージ

ローズリーフセージ(サルビアインボルクラータ・ローズバッドセージ)

ローズリーフセージ
科名シソ科
属名サルビア属
学名Salvia involucrata
別名サルビアインボルクラータ・ローズバッドセージ
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

夏から秋に掛けて開花するサルビア(セージ)の仲間。冬になると地上部は落葉・もしくは枯れてしまいますが、マイナス五度以下にならなければ、春にはまた芽吹いて開花します。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に比較的強く、過湿に若干弱い。といっても、普通に水遣りをしていれば大丈夫だし、耐暑性があって真夏に日当たりで管理していると、蒸発が激しくて水切れがおきやすいので注意してください。
一般的な水やり
春から秋に掛けては、土が乾いたら水をやってください。受け皿に水が溜まっていたら、水を捨ててください。
冬は地上部が枯れたり、落葉して枯れてるように見えますが、生きていますので、鉢植えにした場合は、一ヶ月に一回程度水をやります。
肥料
春から初夏までは薄い液肥を一週間に一回程度やってください。真夏は肥料を控えます。秋にまた一週間に一階程度あげてください。肥料があったほうが花付がいいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き


春の植え替えは霜が降りなくなってから。秋の植え替えは25度以下になってから。用土ハーブ用の土を利用すると結局は安上がりです。自作する場合は赤玉土腐葉土3川砂1など。水はけのよい土ならOKです。
毎年咲くから、意外と流通しない
ローズリーフセージは宿根して毎年咲きます。摘芯しなかったからといって枯れるわけではないし、とにかく楽。でもそういう苗はホームセンターでも店でも流通しづらいです。購入はネットが早いです。
毎年咲く花は花屋さんが売らない?

管理場所・日当たり

日当たりを好むが
春と秋は出来るだけ日当たり。真夏も耐暑性があるので、高温には強く、日当たりでも構いません。ただ、鉢植えの場合、鉢の横に日が当たって蒸発が激しいことがあります。そんなときは半日陰に移動させます。

その他

摘芯するべき
ローズリーフセージはそのまま放置していると、草丈が1.5mに育ち、花もまばらになります。そこで、初夏(7月頃)までは、ちょくちょく摘芯することで脇芽分化を促して、花を増やし、草丈を抑えることが出来ます。ただ花芽は7月頃に出来るので、コレ以降に摘芯すると咲かなくなるので注意してください。

特徴・由来・伝承


メキシコ原産。鮮やかなピンクの花が愛らしい人気種。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用