オンシジュームの育て方

MENU
TOP>ラン科>オンシジューム

オンシジューム

オンシジューム
科名ラン科
属名オンシジュウム属
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

最低気温が15度以上になると戸外の明るい日陰で管理します。直射日光がガンガンと当たると葉っぱが痛んでしまいますので、葉っぱが変色してくるようであれば、カーテンで遮光するか、日の当たらない場所へと移動させてください。

冬は室内に取り込んで、管理します。窓辺で日に当ててやってください。ただ、窓辺は夜になると冷え込んでしまいます。5度以下になりそうならば、夜は部屋の内部へと移動させてください。その際、暖房の風が当たらないようにしてやってください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

ミズゴケが乾いたら水をたっぷりやってください。ミズゴケが濡れているならば、水はやらないでください。水はジョウロでやってもいいですが、出来れば霧吹きでミズゴケをしっかりと湿らせるようにすると良いです。霧吹きでの水やりは、鉢底まで水がしみ出すことが少ないので、受け皿にも水が溜まらず、根ぐされ防止にもなります。

また年間を通して葉水をしてあげてください。戸外で管理している場合は、葉っぱにもたまには水をやってください。室内で管理している場合は、葉っぱに霧吹きで水を掛けてください。オンシジュウムは熱帯の湿度の高い地域の植物で空気中の水分を吸収して生活しています。根だけでなく葉っぱからも水分を吸収しますので、葉っぱに水をやらないと水不足になりがちです。

受け皿をしている場合に、受け皿に水が溜まっていたら、水を捨ててください。そのままにしてあると、水が腐って根をいためてしまいます。

11月以降3月までは、水を控えてください。その代わり、霧吹きで葉っぱやツボミに水をかけてやってください。

春から秋に掛けて、液肥をあげます。液肥は控えめにします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

元々樹に着生して生活する植物ですので、鉢に植えていると蒸れやすく、根が腐りやすいです。出来れば、通気性の良い素焼きの鉢か、ヘゴで出来たラン用の鉢に植え替えた方が良いです。

植え替えは根をミズゴケで包んで突っ込むだけです。大きな鉢に植え替えると、大量のミズゴケで包まなければなりません。すると、このミズゴケが水を吸って腐り、根腐れの原因になります。そこで、発泡スチロールを入れて、通気性を確保します。発泡スチロールに根が触れていても構いません。

大体根に対して二倍か三倍くらいのミズゴケで包んだら、後は発泡スチロールの方が通気性がよく、適しています。

管理場所・日当たり

<春>室内の明るい場所か、戸外の日陰か半日陰
<夏>室内の明るい場所で直射日光が当たらない場所か、戸外の日陰
<秋>室内の明るい場所か、戸外の日陰か半日陰
<冬>霜が降りる前に室内へ移動。室内の明るい場所で管理。

オンシジュウムはデンファレ・シンビジュウムよりも育てるのが難しいです。原因は冬の温度管理です。比較的寒さに強いデンファレ・シンビジュウムが〇度~五度まで耐えられるのに対して、オンシジュウムは五度より下回ると枯れますし、種類や環境によっては五度以上、出来れば10度ないと枯れてしまいます。

また他のラン類同様、強い直射日光には葉っぱが焼けてしまいます。葉っぱが焼けて変色するようであれば、カーテンやヨシズで遮光するか、日光少ない場所へ移動させてください。

特徴・由来・伝承

俗にいう洋ランの仲間。

オンシジュウムはギリシア語の「ONKOS」=トゲが由来。
他の洋ラン類に比べると育てやすく、翌年花を咲かせやすい。また交配種もつくりやすく、原種のピンクの種類を交配したものが最近は市場に出てきています。

オンシジュウム・オブリザタムは小ぶりでボリュームが小さくなりがちですが、人気があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用