エキナセア・グリーンジュエルの育て方

MENU
TOP>キク科>エキナセア・グリーンジュエル

エキナセア・グリーンジュエル

エキナセア・グリーンジュエル
科名キク科
属名ムラサキバレンギク属
学名Echinacea purpurea Green Jewel
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方は「エキナセア」と同じです。他の植物が夏の暑さで咲かなくなってもエキナセアは咲きますから、人気上昇中。グリーンジュエルはそのエキナセアの中で花色が涼しげ(他のエキナセアと比べると尚のこと)で、真夏に庭で咲かせると目に涼しくて人気が出そうです。割と流通しているんですが、今後はどうなるか分からない。
まとめ
●育てやすいエキナセアの園芸品種
●水のやりすぎに注意。
●ただし真夏は水切れにも注意。
肥料は控えめ。
●花はしぼむ前に剪定すること。種子を作ろうとして株が弱るため。
●花色が涼しい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
エキナセアグリーンジュエルは比較的乾燥に強い方で、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が濡れているうちは水をやらないでください。絶えず土が濡れているようだと、根が窒息してしまいます。
●エキナセアが枯れる理由はほぼ水のやりすぎくらい。

春から夏は土が乾いてから。ただし夏は蒸発が激しく、またエキナセアの活動も活発で水を吸い上げる力が強く、逆に水切れが起きやすいので注意。
冬は土が乾いてから数日経って水をやる程度にします。
●水をやるときは鉢の底から水がチョロチョロ出てくるまでやってください。

肥料は控えめ
肥料が多いと株が弱るので、肥料は控えめが基本。春に週に一回ほど液体肥料をやって様子をみてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は市販されている花と野菜の培養土に1割ほどパーライトか赤玉土を足したものを使います。培養土そのままでは多少水はけが悪いですが、それは水やりをより乾燥気味にすればどうにでもなる程度のことです。

鉢植えの場合は根を張るスピードが速いので1年に一回植え替えをします。株分けはこの時、行います。手で株を割いて植え替えれば株分けは可能です。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日光が少ないと花が咲かないので日当たりへ。半日陰くらいでも開花はしますが、開花数が少なくなります。
冬は地上部が枯れる
冬は寒さで地上部が枯れますが、土が凍って根まで凍っていなければ、春にはまた芽吹いて花が咲きます。そうして段々と株が大きくなっていきます。
スポンサードリンク

その他

花が終わったら剪定する
花が終わったら、茎から切ります。花をそのままにしておくと、種子を作って、種子を作るために栄養を使って株が弱ります。もちろんエキナセアグリーンジュエルの種子を採取するのならば、そのまま放置して採取してください。
●切り花として飾るべき。エキナセアは切り花としても長持ちで優秀。
●種子が取れても、種子は親の性質を受け継ぐとは限らない。増やすのは株分けで。

今後は流通するだろうか
エキナセアは宿根草で一度植えると、株分けでいくらでも増えるし、「毎年買う」ような植物ではありませんから、徐々に農家が作らなくなると思います。興味のある人は、見かけたら買ったほうがいいと思います。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

エキナセアの緑色の品種。緑色と言っても鮮やかな緑で、「グリーンジュエル」に名に恥じない。エキナセアという花は色が暑苦しくて、真夏の暑さで他の植物がヘバっている時に、エキナセアがワンワンと咲いている様子は、尚のこと暑苦しい。でもグリーンジュエルならば、そんなことはなく、今後、人気が出る可能性は高い。
草丈が50センチ前後と低く、切り花にしても綺麗だし、切り花としても「長持ち」。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用