センニチコウの育て方

MENU
TOP>ヒユ科>センニチコウ
スポンサードリンク

センニチコウ(千日紅・千日草)

センニチコウ
科名ヒユ科
学名Gomphrena globosa
別名千日紅・千日草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に植えて夏から秋にかけて、花を楽しみ、冬には枯れてしまう一年草です。育てるのは簡単です。初心者向きでコレといって気にすることも無く水さえしっかりとやっていれば大丈夫です。種まきは5月ですが、苗を植えるのはそれ以降いつでも問題はありません。
摘芯で株を大きく
センニチコウはツルの先に花をつけます。脇芽を増やすことで花がたくさん咲くようになります。摘芯・切り戻しをしましょう。参考:摘芯
小さくっても鮮やかな色が目を引くセンニチコウは、高温多湿な夏に強い花です。赤く見える部分は、苞(ホウ)と呼ばれる部分で、花は小さな黄色の部分です。
花を増やすには日当たりと肥料
はなをたくさん元気につけるには日当たりと肥料が欠かせません。センニチコウ夏の直射日光にも耐えうるくらい強く陽を好みます。一日日向におきましょう。また開花時期が長いので開花中は肥料を切らさないようにしましょう。
まとめ
●日当たりを好みます。一日日向で育てましょう。
●育てやすい初心者向け
●摘芯しましょう
●肥料を忘れない
スポンサードリンク

水やりと肥料

根が張るまでは水をしっかり
庭植えする場合、植えてすぐの時期は、センニチコウの根が張るまでは水をしっかりとやってください。それ以降は真夏に乾燥してカラカラにでもならない限りは、水をやる必要はありません。降雨だけで充分です。
土が乾いていたら水をたっぷり
プランターに植えた場合は、土が乾いていたら水をたっぷりとやってください。センニチコウは乾燥に強く、反面湿気に弱くて水をやり過ぎると枯れてしまいます。みずはけに注意しましょう。
開花期は肥料を切らさずに
花期が長いので(6月から12月まで)、次々に花を咲かせるには、10日に一回程度の割合で液体肥料をあげてください。センニチコウは花が良く咲くので、肥料を切らさないようにしてください。窒素分のある肥料をやらないでください。
スポンサードリンク

植えかえ、種まき、

詳しくはセンニチコウの植えかえ、種まきをご覧ください。

管理場所・日当たり

キバナセンニチコウは気温3℃以上であれば冬越し可能な多年草です。
地下に球根をつくるので、暖かい地方(気温3℃以上)であれば冬越し可能な多年草です。それ以外の普通のセンニチコウと呼ばれる種類は一年草で冬には枯れて冬越しできません。
一日日向で
センニチコウは中南米の植物なので、日向を好み、真夏の日光にも耐えます。反対に半日陰で花の数が減ります。花が咲かない場合、日光の量が足りない可能性が高いです。

その他

摘芯 しましょう。
枝をきることによってわき芽が増えてきます。それによって枝が増えて花数も増えます。詳しくは 摘芯 ページを参照。
切り戻し
花がらが(枯れた花)が増えてきたり、茎が伸びすぎて見た目が見苦しくなったら、切り戻して姿を整えると新しい芽がでてきて花がさきます。
あまり大きく切り戻すと茎が枯れますので各枝に緑の葉を少し残すくらいで切り戻しましょう。
立枯病
深く植えたり、過湿になったり、ぐらついて傷がつくなどするとそこから立ち枯れ病になったりします。支柱を立ててあげて固定しましょう。
害虫は予防から
植え替え時に浸透移行性殺虫剤を植える穴の中に撒いておくと、アブラムシなどの害虫を予防できます。その後は肥料をやるときに少し与える程度で大丈夫です。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

センニチコウは夏の暑さにも強い、夏に咲くガーデニング植物です。切花としても人気があって、フラワーアレンジや仏花の材料としてメジャーな存在です。

干渉している部分は苞。ドライフラワーに向いていて、摘んでから逆さにして吊るしていると、色合いもさほど変色せずにドライフラワーになるってくれます。

新垣結衣・舘ひろし主演のドラマ「パパとムスメの七日間」でセンニチコウの近縁種・キバナセンニチコウの一種であるストロベリーフィールドが出てきます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

センニチコウの関連記事

センニチコウの日記

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用