ガマズミの育て方

MENU
TOP>スイカズラ科>ガマズミ
スポンサードリンク

ガマズミ(ビバーナムティナス)

ガマズミ
科名スイカズラ科
学名Viburnum dilataum
別名ビバーナムティナス
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ガマズミの花は大きな枝の先ではなく、枝の根本から出る短い枝の先に咲きます。そのため花芽を残して剪定していくと、小さな枝が密集するようになり、風通しが悪くなります。そこで少々花芽を犠牲にしても、適当に枝を剪定しなくてはいけません。

●花芽は枝の根本から出る短い枝の先につく
●短い枝を放置しておくと風通しが悪くなる
●邪魔であれば大きな枝も切り落として構いません。
●冬は落葉します。

水やりと肥料


庭植えにしたら水やりはほぼ不要
庭植えの場合、植え付けた後に根がつくまではしっかりと水をやりますが、その後は降雨だけで十分ですので、真夏に日照りが続いて極度に乾燥しない限りは水をやる必要はありません。
鉢植えにした場合
鉢植えにした場合は土が乾いたら水をしっかりとやってください。土が濡れているなら水はやらないようにします。
肥料
肥料は特に必要はありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土はこれといって選びませんので、市販の土か、庭の土に植え付けてやります。植え付けた直後に水をしっかりとやり、その根付くまでは水をやってください。
支柱が必要です
ガマズミは根の張りが粗いために、植え付け直後は支柱をしないと苗が簡単に倒れてしまいますので、支柱をしてひもで固定しましょう。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で育てればよく成長してくれますが、少々日当たりが悪い場所(半日陰くらい…午前中だけ日が当たるなど)でも、問題なく成長してくれます。

特徴・由来・伝承

ガマズミは日本では山などに生えているものです。生け花や切り花としてアレンジメントに利用されますが、あまり庭木に植えているのは見かけません。ですが、花は小花が密集して咲く愛らしいもので、秋にはそこに赤い実がなります。これも観賞価値の高いものです。また、実は食べることもできますし、昔は染料として利用していたそうです。

ガマズミと言う名前の由来は分かっていませんが、「ズミ」という部分は「染め」から来ているとも言われています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スイカズラ科の仲間


スイカズラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用