サンサシアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>サンサシア

サンサシア

サンサシア
科名ゴマノハグサ科
属名ネメシア属
学名Nemesia hybrids
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方の注意
育て方は宿根ネメシアのページも参考にしてください。ただし、サンサシアは夏越しが難しく、宿根ネメシアほど簡単ではないです。

初春か春に植え付け、春から初夏まで花が咲き乱れます。夏の暑さに弱いために、夏にはほぼ全滅状態になりますが、半日陰に移動しておけば夏越しも可能ですし、挿し木も可能なので、夏になったら、きり戻して切った部分は挿し木にして様子を見るというのも手です。
ただ、春から夏にかけて非常によく茂るので、秋以降も咲かせようとせず、一年草として考えることが多いです。でも一年草と考えるなら、バコパ(ステラ)・宿根ネメシアなどもっと育てやすい種類もあるので、そちらをオススメします。

しぼんだ花をコマメに摘んでいると次の花が咲きやすくなります。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が乾いていたら水をしっかりとやります。サンサシア…というよりはネメシアは多湿に弱いので、水をやり過ぎないように気をつけてください。

花が咲く時期に液肥を二週間に一回程度あげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植えつけるか、赤玉土6に腐葉土4の水はけの良い土で植えつけます。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。日当たりが悪いと花つきが悪くなりますが、半日陰でも育てることはできます。

夏の暑さに弱いので、夏越しをする場合は鉢植えに。一年草として扱うならば、庭植えにします。霜に当たると痛みますので、2月・3月に植える場合も霜の当たらない場所で管理するか、霜よけをします。

冬の寒さにはある程度の耐性がありますので、寒冷地でも霜さえ当たらなければ越冬して春に花を咲かせます。

特徴・由来・伝承

サンサシアは宿根ネメシアの園芸向け改良品種です。
コンモリとおおきくなり、草丈は30センチ前後まで伸びます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用