マーガレットコスモスの育て方

MENU
TOP>キク科>マーガレットコスモス
スポンサードリンク

マーガレットコスモス

マーガレットコスモス
科名キク科
属名ステイロディスカス属
学名Steirodiscus uryopoides
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


マーガレットユリオプスデージーに似た花を咲かせます。花が咲く時期が夏から冬に掛けてと、マーガレットやユリオプスデージーと違います。多年草で夏の暑さに強く、またある程度の耐寒性もありますので毎年花を咲かせることもでいます。何年も育てていると木質化して低木になっていきます。

過湿を嫌います。

真夏の花が少ない時期でも咲く
頑健で暑さに強い植物です。葉っぱに切れ込みがあって立ち姿もなかなか涼しげ。しかも開花時期が長い。暖地でガーデニングをしている人におすすめです。

常緑低木です
マーガレットコスモスは常緑低木で霜に当たって落葉したらそれは枯れたということです。

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりとやります。マーガレットコスモスは過湿に弱く、土が濡れているのであれば水は控えてください。

花が良く咲きますので、肥料をしっかりとやります。肥料が切れると花が咲かなくなるだけでなく、徐々に小さくなって消えてしまうことも。生育期間に液肥を10日に一回やります。

スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


挿木で増やすのが一般的。種子でも増えます。

植え替えは二年に一度。鉢に根がいっぱいになって根詰まりする前に植え替えをします。植え替えの時は古い根を三分の一ほど切り戻し地上部の枝も半分ほど切り戻しをしてから植え替えをします。地上部の切り戻しをするのは植え替えのストレスが掛った状態で今まで同じ枝を根が支えきれずに株が弱るのを避けるためです。

用土は市販されている花と野菜の土で行います。

管理場所・日当たり

耐寒気温は5度。2度前後でも戸外で枯れずにいられますが、霜にあたってしまうと枯れてしまいます。霜が降りる地域では鉢植えにして冬は室内に移動させます。

関東地方で霜よけがあれば路地植えも
関東南部ならば霜よけを用意すると路地で越冬も出来ますが、何年かに一回強い寒波が来ることがあって、それに当たると、さすがに枯れます。
スポンサードリンク

その他

少々剪定するくらいなら、問題ありません。剪定は生育期に行いましょう。冬に行うのは避けます。

特徴・由来・伝承

ユリオプスデージーに似ている黄色い花と葉っぱのキク科の植物。耐寒性が非常に強く、暖地の真夏の暑さにも耐えます。
マーガレットコスモスという名前で流通していますが、いまいち特徴が感じられないのかあまり出回っていません。

南アフリカ原産の常緑低木。ユリオプスデージーも同じ出身で、ユリオプス属。マーガレットコスモスは「ステイロディスカス属」と違う属です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用