イレシネの育て方

MENU
TOP>ヒユ科>イレシネ
スポンサードリンク

イレシネ(マルバビユ、ケショウビユ)

イレシネ
科名ヒユ科
属名イレシネ属
学名Iresine herbstii
別名マルバビユ、ケショウビユ
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

一年草多年草
自生地では多年草なのですが、冬の寒さに若干弱く、春から夏のカラリーフとして楽しんだら冬の寒さで枯れる一年草と割り切った方が気楽です。ですが室内に取り込めば越冬は難しいものでもありません。一年草と考えれば初心者向きです。

水やりと肥料

普通の植物同様に水やり
乾燥にも多湿にも強い方ではなく、水切れ、過湿ともに注意します。と書くと繊細な育てにくい感じがしますが、普通に水やりをするのであれば問題なく育てられます。土が乾いたら水をやります。土が濡れているうちは水はやらないでください。水をやるときは鉢底から水が染み出す位にしっかりとやります。
冬の水やりは控えて
生育していない冬は水を吸い上げる勢いが鈍っています。水は土が乾いてから数日たってやる程度に控えます。
生育期間に肥料
薄い液肥を二週間に一回程度やってください。イレシネは肥料をあまり必要とする植物ではありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え・植え付けは春
春に植え替え・植え付けを行います。用土は市販の花と野菜の土(培養土)か観葉植物の土で行います。培養土には腐葉土が入っていて、冬に室内に取り込むと匂いがしますから、冬に室内に取り込むならば、観葉植物の土で植え付け・植え替えをしましょう。
庭植えするならば花と野菜の土(培養土)で植えてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
春から秋までは戸外の日当たりで管理しますが、あまりに真夏直射日光が強くて葉焼けするようであれば、半日陰へと移動させて下さい。
冬越しさせるならば室内で
霜に当たると枯れてしまいます。耐寒温度は5度と熱帯地方出身の観葉としては寒さに強いのですが、暖地以外で冬を越すのは難しく、冬は室内に取り込む必要があります。

特徴・由来・伝承


熱帯性のヒユ科の植物。多年草ですが、耐寒温度が5度と暖地であれば戸外の越冬も出来ますが、一般的には夏にカラーリーフとして楽しんだら冬には枯れる一年草扱いとなることが多いです。葉っぱがタマゴ方で丸いことから「マルバビユ」と呼ばれることもあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用