アールデコの育て方…バラのような花が咲く、暑さ寒さに弱いベゴニア

TOP >シュウカイドウ科>ベゴニア>>管理

ベゴニア・アール・デコ

ベゴニア・アール・デコ
科名シュウカイドウ科
属名ベゴニア属
学名Begonia × hiemalis
みずやり水を好む
場所季節による
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. 育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え替え、挿し芽
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他 - 病害虫、剪定の仕方
  6. 由来

育て方

育て方
文章の修正真紅のバラのようなベゴニア
品種改良によってできた重ねの多い八重咲きの花びらをもつ真紅なバラのようなベコニア。緑のストライプがところどころにはなびらに混じる新しいタイプのベゴニアです。もともとエラチオールベゴニアは開花期長いものですが、この品種は特に花もちがよく管理に気をつければ長期間、花を楽しめることができます。
管理場所、みずやりに注意
寒さ、暑さに弱く温度管理に注意が必要です。生育適温は20℃前後で、10℃以下になるような寒い場所には一年を通して置かないようにしましょう。また初夏、夏の高温にも弱いので、暑い日は風通しの良い明るい日陰で管理してください。
環境が変わると花が落ちることがよくあります。
管理する環境が変わると簡単に花が落ちることがありますが株が枯れているわけではありません。
まとめ
● 土の乾かしすぎに注意、たっぷり水をあげましょう。
● 暑さ、寒さ、湿度に弱いので温度管理が重要。
● 開花時期が長く、管理に気をつければ長期間花を楽しめます。
● 植え替え、剪定をすると株が元気になります。
● 環境が変わると花が落ちることがよくあります。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水は天気の良い日の午前中にたっぷりと
極端に土を乾燥させた場合株全体を傷めますので土の表面が乾き始めたら、株にかからないように、たっぷりと水を与えてください。
水が葉や花にかかると傷みますので必ず先の細いジョウロで株元に水を与えてください。水遣りは必ず土が乾燥してから行ってください。土の状態を無視して水遣りを繰り返すと根腐れをおこし株が枯れます。
開花時期は肥料を週に1回
元肥として植え替えのときに緩効性肥料を加えておきます。 開花中は肥料切れを起こさないように週1回程、春、秋には10日に一回、液体肥料を規定の倍率に薄めてあたえましょう。 花芽が見え始めている株には花用の肥料を与えるのも大変効果的です。

植え替え、挿し芽

文章の修正温度が15℃以上25℃以下の気候のころが良いです。真夏を除き春は3月上旬~下旬から、秋は9月下旬~10月上旬までくらいです。
水はけのよい土を好みます
市販の培養土か、赤玉土5+腐葉土4+パーライト1の配合土をつくるとよいでしょう。
植え替えをすることにより株が若返ります
根詰まりをおこしている株は、一回り大き目の鉢に植え替えます。 悪くなっている茎や葉を切って取り除いた後、軽く株をつかんで鉢を傾けそっと株をぬきだします。根で腐っていたり、痛んだりしている部分は清潔なカッターナイフで切って、新しい土に植え替えてあげてください。
切った枝で挿し芽ができます
花の咲いたところがない枝を上から15センチほどで切ってください。上から三四枚葉を残して残りの葉を手でとり、30分ほど水揚げしてください。その後肥料のはいってない新しい土に挿します。一ヶ月ほどで鉢上げできます。

管理場所・日当たり

文章の修正冬は屋内で管理
冬の間は低温で株を弱らせないように気を配る事が重要です。冬は必ず屋内で育てましょう。 昼間は、日当たりの良い窓辺で、夜間は温度管理が必要です。暖房の直接当たらない所に置いて下さい。保温用の箱をかぶせるなどして温度管理しましょう。(朝にはかならず箱から株を出すことを忘れないように。)
蒸れと強い日差しは避ける
春の気候はベゴニアにとって適した気温ですが、締め切った室内では温度や湿度が上がってしまっていたりします。風通し良くして蒸れないようにしましょう。窓越しでも「日焼け」をおこす心配もありますので、早めに薄いカーテン越しの日差しになるように調節してください。
夏の間は、出来るだけ涼しくて、風通しの良い所に置きます。風通しが悪いところに置かれると株が痛んで元に戻らない事があります。 あまり温度が高くない所の方が花もちは良いです。西日は避けるようにします。
シーズンを通して雨の当たらない場所、直射日光を避けた場所で管理してください。
冷暖房の風に注意
屋内で管理することが多くなりがちですが、必ず冷暖房の風が直接当たらないところで管理してください。

その他 - 病害虫、剪定の仕方

文章の修正病気にかかりやすいです。
夏には斑点細菌病がしばしば発生します。この病気は治りませんので株を早めに処分しないといけません。
湿度の高い時期と冬の低温期には灰色かび病、暑い時期の蒸れに注意して、風通しをよくすれば予防できます。市販の殺菌剤で治療できます。
春先から初夏にかけてうどんこ病が発生しやすくなります。
アブラムシに注意
暖かくなる春から初夏にかけてはアブラムシが花や葉につくことがあります。
病気予防に花がら摘み
必ず花がら摘み(枯れかけ、または枯れた花をてで取って取り除く)をしましょう。
剪定は病気予防と元気を与えます
株元が蒸れないように剪定(切り戻し)を行って風通しをよくしましょう。また、花をつけながら伸びていくため、3月ごろになると見た目のバランスがくずれてきます。3月中旬から4月中旬に軽く剪定をしましょう。わき目と側枝を残してすでに花が咲いた茎を下から3節、4節のあたりで切ると数週間もすれば側枝が伸びて、もう一度花を咲かせます。

由来

文章の修正日本の「フラワーガーデン戸谷」にて突然変異したベゴニヤの枝を改良重ねて作られた新品種。ベゴニア・アール・ヌーヴォーに続く人気品種。
スポンサードリンク

記事の紹介

関連記事

クリスマスベゴニア・ラブミー
シュウカイドウ科 ベゴニア
レックスベゴニア
シュウカイドウ科 ベゴニア
リーガースベゴニア
シュウカイドウ科 ベゴニア
球根ベゴニア
シュウカイドウ科 ベゴニア
ベゴニア・センパフロレンス
シュウカイドウ科 ベゴニア
フォーチュン
シュウカイドウ科 ベゴニア
ベゴニア
シュウカイドウ科
木立性ベゴニア
シュウカイドウ科 ベゴニア
サザランディ
シュウカイドウ科 ベゴニア
ベゴニア・アール・ヌーボー
シュウカイドウ科 ベゴニア

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
10月のクリスマスローズの管理
クリスマスローズの管理
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
スポンサーリンク