3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

MENU
使い方 TOP
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理>3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培…

3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
この項目の修正・提案をする
3月に入ると徐々に暖かくなり、ゼラニウムペラルゴニウムも徐々に活動を始めます。最低気温が10度以上ならば戸外の日当たりで管理するといいですが、5度以下になると枯れますし、霜に当たれば一発で枯れるので、基本的には室内で管理するものだと思ってください。暖かい日が続いてもぶり返して寒くなって、霜が降りることもあります。室内で管理するのが無難です。
まとめ
●10度以上なら水やりは「土が乾いたら」やるし、肥料もやる。
●10度以下なら水やりは「土が乾いて二、三日経ってから」やる。
●3月の下旬から4月の生育・開花の為にも液体肥料をやる。
●3月に入ったら植え替えをする。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムの3月の植え替えは土を三分の一落として植え替えができる。
●3月は室内で管理が無難。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムは開花しているなら、土を落とさずに植え替えをする。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは土を落とさずに植え替えをする。

スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
10度以上なら水やりはしっかり?
最低気温が10度以上を保てるならば、開花生育がありますので、「土が乾いたらやる」という春の水やりと同じくらいにします。気温がそれ以下であれば土が乾いてから二日か三日経ってやるようにします。
3月になると気温が上昇し始め、ゼラニウムは徐々に活動を再開し始めます。水やりは徐々に増やして行きます。しかし、3月の気温は乱高下するものです。3月の下旬になるまでは…最低気温が10度前後を推移するようになるまでは…1月2月通りに乾燥気味の管理をするようにします。
●床暖房や温室で最低気温10度以上の環境を保てるならば、「土が乾いたら」水やりをします。
●室内でも床暖房や温室のない家ではまだ10度以上を保つのは難しいです。その場合は乾燥気味の水やりで。
●水やりは冬でも10度以下でも鉢底から水が出てくるくらいにしっかりとやります。

肥料
10度以上になると生育し始めます。3月の下旬…彼岸の頃になるとそのくらいの温度に近づいてきて4月以降にはグングン生育します。そのためにも3月の下旬あたりから液体肥料を二週に一回程度やるようにすると4月以降の生育が良いです。
●3月4月は気温が10前後を行き来するので、緩効性固形肥料をやると、根が肥料で傷んでしまいます。調節できる液体肥料が良いです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
ゼラニウム・アイビーゼラニウムの植え替えの季節!
3月になり最低気温が10度を超える前に、植え替えをします。根詰まりを防ぎ、春以降の生育のためにも2年に一回植え替えをします。10度を越えると開花します。開花しているときに「土を落として根を整理する」植え替えをすると株がショックで弱ってしまいます。
●室内の温度が10度以上を保って冬の間も開花していた株も植え替えたほうがいいです。植え替えるときは「土を崩さず、根を切らない」で一回り大きな鉢に植え替えをします。
●植え替えは根が眠っている間にするのが基本。3月は眠りから覚める直前で植え替えのダメージを取り戻せるので一番適した時期。

10度以下で管理してきたゼラニウム・アイビーゼラニウムの鉢の植え替え
まずは剪定をします。剪定をすることで地上部を減らし根の負担を減らします。ゼラニウムを全体的に半分ほど切り戻します。切る時に枝から葉っぱの新芽が出ている部分の少し上から切るようにします。
用土は一般的な花と野菜の培養土でいいです。自作する場合は赤玉土腐葉土4と緩効性肥料を混ぜて使います。鉢から取り出し、古い土を三分の一ほど落とし、変色した根を消毒したハサミで切り落とします。
新しい鉢の底に鉢底の穴を塞ぐ網を入れ、その上に軽石を2センチから3センチ敷いて、その上に用土を株が出過ぎず、引っ込みすぎないように調節して入れて、株を入れて隙間に土を入れていきます。鉢を揺らすと隙間ができるので、隙間にまた用土を入れて隙間ができなくなったら完成です。最後に水をやってください。
●植え替える鉢は一回り大きなものでなくてもいい。同じ大きさの同じ鉢でもいい。
●ゼラニウムは6号鉢くらいが最大でいい。今のが6号ならそのまま同じ鉢に植え替えていいし、新しいものを用意してもいい。それ以下の場合は6号鉢に植え替える。

10度以上で管理していて開花したゼラニウム・アイビーゼラニウムの植え替え
家が床暖房か、温室管理ができて冬でも10度以上を保てる場合は開花しています。そういう株は根を傷つけるとダメージが大きいので、土を落とさないようにして植え替えをします。鉢は一回り大きなものを用意します。植え替えは2年に一回です。
ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムの植え替え
ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは根詰まり防止のために3月か花が終わった6月ごろに植え替えをします。どちらの植え替えも「土を落とさずに植え替え」するようにします。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
ゼラニウム・アイビーゼラニウムの管理場所
ゼラニウムは多少寒さに強くて3から5度以上で霜に当たらなければ戸外でも冬越しするんですが、強い寒波が来るとヤバイので、霜が降りるけど寒冷地ではない…中間地ではこれまで通りに室内で管理するのが無難です。3月になって気温が上昇して最低気温が5度以上の日も増えて来るんですが、これまで室内や温室で育てていたゼラニウムは寒さに弱くなっているので、いきなり戸外に出すと弱ってしまいます。昼間に戸外に出して寒さに慣らせておくか、3月はまだ戸外に出さないようにします。
●長々と書いたけど、室内で管理するのがとにかく無難。
●室内で管理する場合は1月2月と同じ。室内の昼間は暖房が掛かっている部屋の日当たりで管理して、暖房の風が直接当たらないようにする。窓の近くは外気が近いので、寒波が近づいたときは昼間はいいが夜は室内の窓から離れた場所に移動させる。

ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムの管理場所
ペラルゴニウム類は多少、寒さに弱くて5〜7度以上必要です。0度以下で枯死。3月は基本的にどこの地域でも室内で管理します。
室内の昼間は人が活動して暖房が掛かっている部屋で管理します。日当たりのいい場所で管理しますが、窓の近くは夜中になると氷点下になることがあるので、夜は室内の窓から離れた場所に移動させます。あと、暖房の風には直接当てないようにしてください。

その他

この項目の修正・提案をする
気温の上昇とともにアブラムシが発生します。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。
ゼラニウムの挿し木
3月はまだ気温が低いので、温室だったり床暖房高気密高断熱で室温が10度以上ならば挿し木ができます。それでも一般的には4月の中旬まで我慢するのが普通です(気温が低すぎて確率が低い)。ただ、剪定をして株を増やしたいならば一定の確率で挿し木はうまく行きます。
●気温が低いと発根まで時間がかかります。
●ペラルゴニウム類は3月は挿し木はしない。
参考ゼラニウム・ペラルゴニウムの挿し木
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理の仲間


ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用