ドウダンツツジの育て方

MENU
TOP>ツツジ科>ドウダンツツジ
スポンサードリンク

ドウダンツツジ(灯台躑躅・満天星)

ドウダンツツジ
科名ツツジ科
属名ドウダンツツジ属
学名Enkianthus perulatus
別名灯台躑躅・満天星
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


樹形と紅葉を楽しむ
密に枝が生え、刈り込みにも強く生け垣用として栽培されることが多いです。春にはすずらんのような馬酔木にも似た小さな花がすずなりになって咲きます。秋には葉がもみじのように真っ赤に紅葉します。雰囲気が日本庭園にぴったりです樹木です。
切花としても利用され、よく生け花に生けてあります。水下がりもせず、育てるのも頑健でとても楽です。ツツジ科の植物ですがチャドクガ(毛虫)は付きづらいです。
日当たりのよい屋外で
一年を通じて日当たりのよい戸外で栽培します。日光が不足すると鮮やかな紅葉になりません。耐暑性があり 耐寒性があり寒さにとても強いので屋外でもなんなく越冬できます。
地面に乾燥対策を
乾燥に弱いので鉢植えの場合、夏の暑い時期は反日陰に移動させて乾燥を防ぎます。庭植えの場合は根元にワラや腐葉土を敷いて乾燥を防ぎましょう。
地表近くにたくさんの細い根を張りますので庭植えは、浅植えにして水もちの良い土を混ぜ込んでください。
まとめ
●屋外で育てられ陽を好み、水をこのみます。乾燥に気をつけましょう。
●小枝が密にでてくるので刈り込みに適しています。生垣によく使われます。
●庭植えはみずもちのよい土を使い、浅く植えましょう。
●花がつかないことを気にしなければいつでも刈り込み剪定ができます。
●花が終わってすぐに剪定すれば、翌年の開花に影響しない。
● 耐暑性、耐寒性が強く、屋外での冬越えにも耐えられ庭植えに向いています。

スポンサードリンク

水やりと肥料

みずやり不要の庭植え推奨の植物です
庭植えにした場合は、根付いたあとは真夏以外は降雨だけで十分です。真夏は乾燥しやすく、乾燥しすぎると枯れなくても翌年の新芽や花芽に悪影響があります。あまりに乾燥する場合はドウダンツツジの根本に腐葉土やワラを敷いて蒸発を防ぎます。
鉢植えにした場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。夏は1日二回朝と夕方しっかりと水をやります。冬は水やりを控えめにする。
●夏に乾燥させると秋の紅葉が鈍くなります。

肥料は2月と9月ごろ
この時期に化成肥料か、油粕4骨粉6を混ぜたものを根本に置きます。

植え替え、挿し木

ドウダンツツジの剪定、植え替え、挿し木をごらんください。
●最近は庭植えではなくて、小さな5号6号の鉢や、10号鉢に植えて庭やベランダ(日当たりなら)で育てる人も多くなっています。

管理場所・日当たり

日当たりか半日陰の場所で育てます
出来るだけ日当たりがよいですが、半日陰でも育ちますし、少々日当たりが悪くても生育します。ただ日当たりが悪いと秋の紅葉も鈍くなり、開花も鈍くなり、枝ぶりも荒くなるなどデメリットが多いです。
真夏の暑さには問題ありません。冬は落葉し越冬します。防寒の必要はありません。寒冷地でも戸外で十分越冬します。
●寒さに東北なら防寒は不要。ただし、雪が積もることによって枝が折れて樹形が不格好になるので、雪が積もらない・雪が落ちて来ない場所で育てる。もしくは雪が多い地域は雪囲いをする。
●北海道で育てる場合は、冬の雪対策に秋に雪囲いをする。
スポンサードリンク

剪定

ドウダンツツジの剪定は花が終わって5月~6月
新しい枝がいろんな剪定の形を選べます
広く生垣の用途に玉仕立て、角仕立て、玉散らしなど好きな形に剪定されています。
夏に翌年の花芽をつけるので、そのまえに剪定すると翌年も花を咲かせてくれます。花芽は新しく伸びた枝先につきますので、 夏以降に刈り込むと、花芽を切ってしまい、来年花が咲かなくなるので注意してください。
夏以降に飛び出てきた不要な枝があれば、10月頃に剪定します。
●開花を求めないならば、いつ剪定してもいいです。

樹形を整える剪定
この剪定は枝分かれした部分を切るのが基本です。
伸びすぎた枝や枯れた枝、古い枝、重なりあった枝を中心に付け根から切り落としましょう。無駄な枝を落とすことにより、病気、過湿を予防したり、花を増やしたりなど全体的な成長を促すことができます。
刈り込み剪定
生け垣として剪定をするときは、丸く刈りこんだり、四角く刈りこんだりして樹形を整えます。枝の分かれ目に関係なく、好みの造形にするため枝の途中から切っていきます。そのため、花芽ができた夏以降に刈り込みを行うと、翌年花が咲かなくなり(または数少なくなり)ます。花が咲かなくても良いのであれば(例:紅葉だけを楽しむなど)一年中いつ刈り込みを行ってもかまいません。
●ドウダンツツジは放置していても綺麗な樹形に伸びる植物です。
●あまり恣意的に刈り込んでも自然な樹形が魅力のドウダンツツジには勿体ないです。大きくなりすぎないように抑えることと、枝が飛び出ないように抑えるくらいを心がけます。
●サラサドウダンなどは刈り込んで整形するのは向いてません。

12月にも剪定をする場合があります。12月は落葉していて剪定がしやすいですが、この時期に刈り込むと花芽も落とすことになります。気をつけてください。
病害虫
かかりやすい病気はとくにありません。
8月下旬から9月にハダニが発生することがあります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

落葉広葉樹で成長すると三メートルほどになります。関東以西の暖かい地域に生えます。といっても自生している地域は少ないです。
冬は落葉し、春に新芽が芽吹きます。新芽が芽吹いたあとに花が咲きます。花はスズランような…花が下に垂れ下がる形で、目立ちすぎず愛らしいです。
花よりは葉っぱや樹形を楽しむ植物で、生垣などに利用されます。
ドウダンツツジは小さな花が夜空の星星のように見えるところから漢字だと「満天星」と書かれます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ドウダンツツジの関連記事

ドウダンツツジの日記

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用