プルネラの育て方

MENU
TOP>シソ科>プルネラ
スポンサードリンク

プルネラ(セイヨウウツボグサ・西洋靫草)

プルネラ
科名シソ科
属名ウツボグサ属
学名Prunella vulgaris
別名セイヨウウツボグサ・西洋靫草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

画像はまだ花が咲いていない状態のものです。花が咲いたらもっと華やかになります。
暑さや寒さには強く、冬は霜に当たって地上部は枯れますが、春には芽吹いて毎年花を咲かせます。ただし夏の多湿に弱く、蒸れて枯れることがあります。夏は水やりを控えて、過湿を避けなくてはいけません。過湿を避ければ、十分夏越し可能です。

水やりと肥料

多湿を嫌います。梅雨や秋の長雨の時期には、軒下に置いた方がいいです(長雨に当たって枯れるかどうかは土質や環境にもより、全滅するとは限りません)。
蒸れると葉っぱが黒く変色し、コバエがたかります。

鉢植えにした場合、土が乾燥していたら水をしっかりとやります。土の表面が乾燥して白くなってから水をやる程度でOK。乾燥気味の管理が好みですので、水をやり過ぎないように気をつけてください。

庭植えにした場合、植え付け直後の1週間ほどはしっかりと水やりをしますが、その後は降雨でほぼ大丈夫です。たまに土が乾燥しているようであれば、水をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

種でも増やせますが、一般的には春か秋に苗を買い植え付けをします。土は市販されている花と野菜の土で植え付けします。赤玉土6に腐葉土3とパーライト1を混ぜたものを自作してもよいですが、購入した方が便利。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。日光が不足すると花つき、成長にも影響します。

その他

花が終わってきたら、花を摘んで下さい。種を作ろうとして次の花が咲きづらくなりますし、花を摘むことで摘芯になり、脇芽が出てきて株が大きくなります。

特徴・由来・伝承

ウツボグサの仲間で、和名はセイヨウウツボグサ。このウツボは海のギャング…ウツボではなくて、弓矢を入れるカゴのこと。よく時代劇で弓を引く人が背中に背負って弓矢を入れているアレのことです。花がそのウツボに似ていることから、ウツボグサと呼ばれています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用