ホトトギスの育て方

MENU
TOP>ユリ科>ホトトギス

ホトトギス(杜鵑草・不如帰)

ホトトギス
科名ユリ科
属名ホトトギス属
学名Tricyrtis hirta
別名杜鵑草・不如帰
みずやり水控え目
場所外の日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

品種が多々ありますが、基本的に暑さと乾燥を嫌い、涼しい場所を好みます。

春に植え付けるか、昨年のものが芽吹き、初夏から秋に掛けて花が咲き、晩秋に地上部が枯れます。このサイクルを毎年繰り返します。
スポンサードリンク

水やりと肥料


乾燥に弱いので、水切れに気をつけてください。特に夏は乾燥しやすく水切れしないように毎日朝と夕方の二回、水をやってください。冬は地上部が枯れ、休眠状態ですので、水は控えます。土が乾いてから数日たって水をやる程度に抑えます。しかし冬も水はやらないといけません。水をやるときは午前中にしましょう。午後に水をやると朝まで水分が残り寒さで霜柱が立って根をいためます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で植え付けをしなくてはいけません。市販されている山野草の土で植え付けをします。無い場合は、山砂4桐生砂3赤玉土3を混ぜた土で植え付けします。

管理場所・日当たり

春から初夏までの生育期間は日に当てたほうがいいので、鉢植えで管理している場合は、日当たりにおいておきます。もしも葉っぱが焼けて変色するようであれば、日の弱い場所へと移動させます。暑さに弱いので、夏になったら風通しの良い日陰に移動させて下さい。

庭植えする場合は、半日陰か日陰に植え付けします。ホトトギスの自生場所は木の根元や崖や傾斜地などの日当たりの悪いところで生育します。あまりに日陰だと徒長してしまいますが、夏に日がガンガン当たるところに植えるとすぐに葉っぱが焼けてしまいます。

冬は地上部が枯れます。このとき土が凍るようであれば、腐葉土を敷いて防寒してやります。そこまで寒くならないのであれば、何もする必要はありません。

特徴・由来・伝承

若葉や花にある斑点が、鳥のホトトギスの胸の模様と似ていることから、ホトトギスと呼ばれるようになりました。ちなみに若葉にある斑点は花が咲くころには無くなります。

ホトトギスは秋の七草の一つ。若芽、若い茎をてんぷらなどにして食べます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用