クジャクソウの育て方

MENU
TOP>キク科>クジャクソウ

クジャクソウ(孔雀草・孔雀アスター)

クジャクソウ
科名キク科
属名シオン属
学名aster pilosus
別名孔雀草・孔雀アスター
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


草丈が高くなり、そのまま育てていると間違いなく秋には倒れてしまいます。梅雨前に切り戻しをすることで草丈が大きくなるのを防ぎ、倒れないようにしましょう。
切り戻しは6月。地表15センチくらいにまで刈り込んでください。その後はコマメに摘芯すると花つきがよくなります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。クジャクソウは蒸れに弱いので、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が乾いているようであれば水は控えましょう。夏になると今度は暑さで水切れしやすくなります。朝と夕方の二回しっかりと水をやってください。冬は地上部がなくなるのですが、忘れずに水をやってください。冬の水やりは休眠していますので、控えめにしてください。

庭植えにした場合は、夏と冬に乾燥するようであれば水をやりますが、それ以外は降雨だけでも十分育ちます。

植え付け・植えかえ・種蒔き


植え替えする場合は、土を半分か三分の一ほど崩してから植えます。そのほうが根付きやすくなります。

土は市販されている花と野菜の土で植えつけるか、赤玉土腐葉土3を混ぜたもので植え付けします。

管理場所・日当たり

日当たりがよくて風通しの良い場所を好みますが、耐陰性があり、ある程度の日陰は耐えます。ただし、日当たりが悪いと病気にもなりやすくなりますので、出来るだけ日当たりで管理して下さい。

春に苗を植えるか、秋に種を撒きます。一般的には春に苗を植えて、夏に開花、冬には地上部が枯死して、春になるとまた芽吹くというサイクルを繰り返します。

特徴・由来・伝承

宿根アスターの一種。北アメリカ原産。戦後園芸品種として日本に渡来。白が一般的ですが、紫やピンクもあります。


草丈が高く、枝分かれした枝の先に花を咲かせる様子が孔雀の羽に似ていることから、孔雀草と呼ばれるようになりました。孔雀アスターとも呼ばれます。宿根アスターと育て方は同じです。よくアスターという名前で流通しているエゾギクとは近縁ですが、性質が違います。ややこしいですが気をつけてください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用