アイビーゼラニウムの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>アイビーゼラニウム

アイビーゼラニウム

アイビーゼラニウム
科名フウロソウ科
属名ペラルゴニウム属
学名Pelargonium peltatum
みずやり乾かし気味に
場所季節による
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

開花時期は春から秋としていますが、気温と日光があれば、真冬でも花を咲かせます。常緑です。

育て方はゼラニウムとほとんど同じですが、アイビーゼラニウムはツタ性です。上へ上へと伸びてはいきません。ゼラニウムにありがちは、上の方ばっかりに葉っぱがあって、下には葉っぱが無くて不格好…という状態にはなりません。生育期に適当に切り戻しをします。
スポンサードリンク

水やりと肥料

アイビーゼラニウムは、多湿にすると根が腐ってしまいます。水をやりすぎると根が腐ってしまいますし、梅雨や秋の長雨に晒されても、株が腐ってしまいます。

一年中、水やりは土が白く乾いてからやるようにします。アイビーゼラニウムは乾燥に強いです。

花が咲いている時は一週間に一回、液肥をやってください。肥料が不足すると葉っぱが減り、花が減ります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

毎年春に植え替えをします。用土赤玉土腐葉土3パーライト2を混ぜて植え付けします。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりで管理します。夏は直射日光にあたると葉っぱが焼けてしまいますので、真夏だけは半日陰や明るい日陰で管理します。

耐寒温度は0度前後です。比較的寒さに強い植物なのですが、霜に当たると枯れてしまいます。わたしが住む広島では軒下で霜に当たらなければ戸外で越冬します。ただし、何年かに一回強烈な寒波が来ることがあって、そのときは枯れてしまいます。安全に越冬させたいならば、室内の明るいところで管理してください。

特徴・由来・伝承

ゼラニウムの中まで、葉っぱがアイビーに似ていることから、アイビーゼラニウムと呼ばれます。育て方はゼラニウムと同じですので、ゼラニウムの育て方も参考にしてください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用