スイフヨウの育て方

MENU
TOP>アオイ科>スイフヨウ
スポンサードリンク

スイフヨウ(酔芙蓉)

スイフヨウ
科名アオイ科
学名Hibiscus mutabilis
別名酔芙蓉
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


生育サイクル
アオイ科の低木。春に苗を植え付け、春から夏にかけて生育、夏に花が咲きます。通常の芙蓉よりも寒さに弱く、暖地だと戸外での越冬が可能、関東以北では冬は室内管理。
気温が高いと午前中からピンクに
真夏にスイフヨウが咲くと、午前中からすでにピンク色に染まる。一本の木に白い花とピンクの花が多種多色咲いているように見えます。スイフヨウは芙蓉よりも花期が遅いです。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやってください。夏になると蒸発が激しく、葉っぱが大きいこともあって、水切れしやすくなります。鉢植えだと尚更水切れが起きやすくなります。庭植えでも夏は乾燥するようであれば水をやってください。
春に緩効性固形肥料
新芽が出る4月以降に株もとに緩効性肥料をやってください。
開花期間中は液肥を
花が咲いている間は一週間に一回程度、液肥をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい肥沃な土を好みます。鉢植えにする場合は花と野菜の土に川砂を混ぜるか、そのままで植え付けをします(一般的には庭植え)。庭植えにする場合は、水はけが悪いならば川砂を入れ、腐葉土を足してから植え付けをしてください。

管理場所・日当たり

日当たりがいい場所で育ててください。
耐暑性があり夏の暑さには強い
耐暑性があって、夏の暑さには問題がありません。日を受けすぎて水切れが起きるくらいです。乾燥に弱いので水切れに注意します。
寒さに若干弱い
寒がりで関東以北では冬は室内管理にします。他の地域では戸外での越冬が可能ですが、それでもスイフヨウは寒さに弱く、暖地でも冬の寒さで葉っぱが傷みます。霜が降りる地域は株もとに腐葉土をかぶせたり、グランドカバーをして防寒対策が必要になります。
スポンサードリンク

その他

剪定は葉っぱが枯れこむ冬に
スイフヨウの花芽は7月以降に出来ますので、7月以降に剪定をしないでください。適期は冬です。寒さで葉っぱが枯れこむ12月から3月に、適当な大きさに剪定します。
ハマキムシ、カミキリムシ
ハマキムシやカミキリムシが発生したら、見つけ次第補殺します。

特徴・由来・伝承

芙蓉(フヨウ)の園芸品種。朝に花が咲いて徐々にピンク色に染まり、夕方から朝方にかけて赤くなり、しぼんでしまいます。その色合いの変化が「酔っぱらっている」ように見えることから、酔芙蓉と呼ばれます。八重の花を咲かせます。寒さに弱いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アオイ科の仲間


アオイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用