プリムラシネンシスの育て方

MENU
TOP>サクラソウ科>プリムラシネンシス
スポンサードリンク

プリムラシネンシス(プリムラシネンセス)

プリムラシネンシス
科名サクラソウ科
属名サクラソウ属
別名プリムラシネンセス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


つぎつぎとツボミが出てきて、次々に咲きます。花が終わると種を作ることに栄養を回すので、咲き終わった花を小まめに摘むことで、つぎの花が咲きやすくなります。

プリムラシネンセスは種によっても増えます。夏越えに失敗してもこの種がこぼれていて、来年咲くということがあるらしいです(未確認)。
まとめ
●越冬と夏越しをすると年々大きくなります。ただし株の寿命で枯れることがあるらしいです。
●ジュリアン・ジュリエ・ポリアンサスといった店頭に見かけるプリムラよりも寒さに強いです。強いといっても霜に直にバンバンあたっていると傷んで枯れることもあります。軒下など霜の当たらない場所で。
●同様に暑さにも比較的強いですが、あくまで「比較的」程度。夏は涼しい日蔭か半日蔭で管理しないと溶けて消えてなくなります。
●水のやりすぎ注意
●植え替えは涼しくなってから。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎ注意
土が乾いたら、水をたっぷりとやってください。水をやりすぎると、根が傷んでしまいます。他のプリムラ類に比べて、湿度や暑さにも抵抗があるものの、決して強いわけではありませんので、水のやりすぎには注意しましょう。
肥料
生育する秋から春に掛けて、薄い液肥を二週間に一回程度やります。肥料があった方が花つきがよいですが、肥料が多いと根が傷み、枯れる原因ともなりますので、あくまで薄めに。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えする場合の用土は市販されている花と野菜の土で植え付けるか、赤玉土腐葉土3を混ぜたもので植え付けをします。
秋の植え替えに注意
シネンセスは夏の暑さに弱いです。なんとか夏越ししたあとに植換えをする場合は、十分涼しくなってからにします。具体的には最高気温が20度を下回るか、もっと涼しくなってからです。植え替え自体が植物にとってストレスですから、夏のダメージが残っている時期に植え替えをすると、そのまま枯れることもあります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

庭植えする場合は、半日陰の場所で育てます。寒さに強いのですが、霜に当たると傷んでしまいます。霜が当たらないように何かの木の下や、軒下などに植えてください。

また夏越しさせるのであれば、夏に涼しいところで管理します。夏越しは、それほど難しくありません。夏越し出来れば、年々株が大きく育っていきます。

移動できるのでやっぱり鉢植えが便利です。
鉢植えの場合は、冬は霜の当たらない日当たりで管理します。春は戸外の日当たり、夏は戸外の日陰か半日陰の涼しいところに置いてください。夏の暑さで枯れてしまいます。秋も春と同じで日当たりで管理します。

その他

病害虫と対応の農薬
アブラムシ→サンヨール液剤AL・モスビラン・トップジンMスプレー
ハダニ→サンヨール液剤AL
うどんこ病→サンヨール液剤AL
灰色かび病→モスビラン・トップジンMスプレー
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


プリムラ類の一種。寒さに強いので露地植えに向いています。プリムラ類なので暑さに弱いとされていて、夏越しが難しいと言われていますが、夏越しして三年四年と株を大きくしている人も居ます。花の付き具合が他のプリムラよりも立派なのと、葉っぱの色合いがシックなために花の鮮やかさが際立つのもあり、ガーデナーに人気です。

赤いプリムラシネンシスの画像を貼っていますが、白いものが一般的です。色合いは多種あります。

夏越しのコツとしてはとにかく涼しく、風通し良くすることです。いわゆるシェードガーデンで夏越し可能(ただし地域による)。

葉っぱそのものにも人気があります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用