パイナップルセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>パイナップルセージ
スポンサードリンク

パイナップルセージ

パイナップルセージ
科名シソ科
属名アキギリ属
学名Salvia elegans
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

半耐寒性の多年草宿根草。暑さに強くて、寒さにもそこそこ強い。関東では戸外で越冬も可能。冬には落葉しますが春には芽吹きます。ただし強い霜に当たると枯死します。チェリーセージと同じ感じです。チェリーセージが育てられる場所では育ちます。

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾いて居たら水をやります。他の植物同様に、土が長期間濡れていれば根腐れをするので、土が濡れているうちは水を控えます。
庭植えにした場合は植え付け直後に水をシッカリとやった以降は、降雨だけで十分水は足ります。真夏に乾燥してしまうときには水をやりますが、それ以外は基本、放置です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植えするなら石灰で中和を
水はけのよい土を好み、酸性の土を嫌います。庭に植える場合は苦土石灰を混ぜ込んで土の中和をしておきます。石灰が反応するまでは時間が掛かるので、植えつける二週間か一週間前に混ぜておきましょう。
用土ハーブ用の土で
ハーブ用の土が便利です。自作する場合は赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜたものを利用します。
庭植え推奨
冬は落葉して越冬、春にはまた芽吹く。しかも虫が付きづらくて香りが良くてといいこと尽くめ。面倒でないのがパイナップルセージのいいところ。鉢植えにするとこお「楽」さが半減するので庭植え推奨です。
寒冷地でパイナップルセージが庭植えで越冬しない場合(もしくは何年かに一回大寒波が来る地域)は、保険として秋の間に挿し木して鉢に株を増やしておいてそれを越冬させて春に植え替えれば寒冷地でも毎年楽しめます(非常に面倒なので普通はやらない)。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好む
日当たりで管理します。日光が少ないと生育が鈍くなり、香りが薄くなります。
暑さに強く、寒さにも強い
暑さに強く、夏越しは問題ありません。寒さにも強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。
霜に注意
霜に弱いといっても弱い霜――気温が4度前後で発生するもの――くらいなら大丈夫なのですが、マイナス5度前後の強い霜に当たると枯れてしまいます。寒冷地やそこそこシもが降りる地域では、秋に株を何個か掘り上げて室内で管理して越冬させ、春になったら庭植えするようにします。保険ですね。

特徴・由来・伝承


メキシコ・グアテマラ原産のシソ科の多年草の常緑低木。成育すると1メートルくらいの木になります。赤い花と葉っぱにはパイナップルに似た甘い香りがするハーブです。筋張っていて食べるには向かず、香りをお酒に移したり、ドライフラワーにして香りを楽しむといった用途に利用されます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用