グレープフルーツミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>グレープフルーツミント
スポンサードリンク

グレープフルーツミント

nophoto
科名シソ科
属名ハッカ属
学名Mentha suaveolens × piperita
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ミントとしては草丈が60cm-100cmと大きめ。特徴のある葉っぱ。甘い香り。料理にも使えるので人気があります。
●苗のときや寒さに当たると葉っぱが紫だったり新芽に赤みがあります。これは環境が変われば普通の緑に戻ります。

水やりと肥料

土が乾いていたら水を
グレープフルーツミントは乾燥状態より、若干湿っているくらいを好みます。かといって長期間ジメジメしていると根腐れを起こします。
庭植えの場合
庭植えの場合は、天気が続いたら水をやるようにします。ほとんど自然雨だけで育ちます。真夏の乾燥時期は水をやってください。冬は地上部が見えなくなりますが、根が生きていて春には新芽が出てきます。完全に乾かすと枯れてしまいますので、雨が当たらない場所に植えている場合は、水をやってください。
鉢植えの場合
土が乾いてたら水を鉢底から染み出すくらいにしっかりとやります。受け皿に水が溜まっていたら捨ててください。夏は乾燥しやすいですから、朝と夕方の二回しっかりと水をやります。
冬は地上部が枯れるので水やりを忘れてしまいがちですが、カラカラにならないように水をやってください。
肥料
意外と肥料を必要としていて、肥料が少なくなってくると明らかに勢いが鈍くなります。生育期に肥料をやるとよく生育しますが、やるかやらないかは庭の都合で調節してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

アルカリ性の土を好みますが、アルカリ性でないと枯れるというわけではありません。庭土ならば石灰で中和させ、プランターや鉢で育てるならば市販の培養土を使えば、中和してあるのでそれで十分です。
注意事項
●地下茎で横へと伸びていく性質で、繁殖力があります。これを抑えるために、土の中にブロックやスレートを入れて広がらないようにします。
●繁殖力旺盛で、地下茎で広がり、なおかつ種子をつくってこぼれダネでも増えます。一回庭植えすると、駆除が難しいほどです。また繁殖しすぎて他の植物を駆逐することがあります。繊細な園芸植物を植えているなら、植えないほうがいいです。
●他のミント類と交配しやすいです。簡単に交配してこぼれダネを残します。そのこぼれダネで増えた固体は香りが薄くなっています。交配を繰り返すと香りがほとんどなくなり、ただの繁殖力旺盛な雑草になります。他のミント類とは1m離すか、植えていないところに植えるようにしてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりでも半日陰でもかまいません。真夏の乾燥しすぎで枯れることがありますが、それ以外はとにかく頑健で繁殖しすぎるくらいです。
冬の寒さには強いです。
●真夏の暑い時期の日当たりは暑さでグレープフルーツミントも元気がなくなります。真夏は半日陰で管理するのが理想です(ただそれを問題にしないくらいによく増える)。
●少々日当たりが悪いくらいなら育ちます。明るい室内でも栽培は可能。

特徴・由来・伝承

ペパーミントアップルミントの交配種。グレープフルーツに似た香りがします。花は藤色。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用