フリンジビンカの育て方

TOP >キョウチクトウ科>>管理

フリンジビンカ

フリンジビンカ
科名キョウチクトウ科
属名カタランツス属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. フリンジビンカの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事

フリンジビンカの育て方

フリンジビンカの育て方
文章の修正花びらの先が裂けているものがフリンジ咲き。フリンジビンカはフリンジ咲きのニチニチソウ(日々草)のこと。ビンカがニチニチソウのことですが、ビンカは本来は「ツルニチニチソウ」の学名で、細かく言えば関係ありませんが、ガーデニング業界ではそういう細かいことは気にしません。
性質
育て方はニチニチソウと同じです。本来は熱帯性の低木ですから、冬を越せば毎年花を咲かせるのですが、冬の寒さに耐えられず枯れてしまうので、一年草扱いです。育てるのは簡単。日光と水と肥料があれば、開花時期にずっと花を咲かせます。
まとめ
●とにかく日当たり。
●肥料が切れると花が止まる。
水やりは普通。水のやりすぎに注意。
●育てるのは簡単。非常に優秀なガーデニング材。
●草丈は20センチ前後。

スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりは普通に
土が乾いていたら水をやる。高温多湿に強いのですが、さすがに土が濡れっぱなしだと根腐れします。水やりは絶対に土が乾いてから。土を指で触ってみて濡れているのを確認しましょう。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにしっかりとやってください。葉っぱに水がかかっても問題ありません。むしろ埃を落とすので、葉っぱにも水がかかった方がいいです。花に水がかかると花がしぼみますが、花が次々に咲くので、これも気にしない。花が萎んで落ちて、葉っぱにこびりつくことがあるので、これを洗い流すためにも、しっかりと上から水をやった方がいいです。
●真夏は1日朝夕の二回、水をやることになります。
●真夏に何度水をやっても水切れするようならば、置き場所を変えてみます。風通しの良い半日陰などへ。

肥料
春から秋にかけて、気温の上昇とともに開花が多くなります。肥料が切れると開花が止まりますので、春は二週に一回、7月は毎週、液体肥料をやります。真夏はあまりの暑さで開花が鈍くなりますので、肥料は控えます。9月以降も開花がありますから、開花の様子を見て肥料をやってください。
●液体肥料を二週に一回ではなく、緩効性肥料を月に一回でも可。ただ、真夏に肥料が残ったり、効き目が遅いので、コントロールしづらい。即効性のある液体肥料が初心者向けだし簡単・手軽。

冬越しするなら
冬は気温の低下で水を吸い上げる力が落ちますが、水をやらないでいると枯れます。土が乾いてから数日経って水をやる程度に控えてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え付けは市販している培養土でします。自作する場合は赤玉土腐葉土4に緩効性肥料を混ぜます。市販の培養土には肥料が既に入っているので、追加する必要はありません。培養土を買った方が安上がりですから、培養土がオススメ。
●必ず、新しい培養土に植えること。古い土は栄養が偏り、病害虫が発生していることがある。また、連作障害を起こす。とにかく新しい培養土で植える。

庭植えでも鉢植えでも
繁茂するので鉢植えならば出来るだけ大きいもので、65センチのプランターならば横に3つ植える。直径30センチの鉢なら1つ。庭植えでもいいです。株間を20センチ開けてください。
連作障害!
ニチニチソウは連作障害を起こします。過去3年、キョウチクトウ科の植物を植えた場所に植えても、生育不良を起こします。また、古い土にも植えないでください。

管理場所・日当たり

文章の修正とにかく日当たり
日光があれば開花します。午前中だけでも日光が当たるような場所で育ててください。理想は終日、日光が当たること。日光が少ないと開花が少ないだけではなく、株が弱くて病弱になります。
●過湿に弱いので、風通しの良い場所で。
●梅雨時期はジメジメしていて苦手。軒下に移動させて雨に当てないようにすると良い。

冬越し
冬越しさせることも出来なくもない。
室温が10度以上で、日当たりで管理。水を控えて、肥料はやらないで、「ダメでもともと」の精神で期待せずに管理すると越冬も可能。
●霜に当たると一発で枯れる。
●室温10度以上は一般家庭では難しい。専用温室が必要かも。

その他

文章の修正病害虫
ウドンコ病アブラムシなど。基本的に日光にしっかりと当てて、水をやり、過湿と連作障害に気をつければ病気にはならない。
品種
チュチュシリーズなど

特徴・由来・伝承

文章の修正花びらの先が分かれた独特の愛らしいニチニチソウ。花屋やホームセンターなどにたまに見かけるが、まだ地方では流通していない(流通量が少ない)。通常のニチニチソウより高いが、容姿と希少性を考えると、納得できる程度ですね。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

同じ科の植物

プルメリア
キョウチクトウ科インドソケイ属
日々草
キョウチクトウ科
ハツユキカズラ
キョウチクトウ科テイカズラ属
ツルニチニチソウ
キョウチクトウ科ビンカ属
スタージャスミン
キョウチクトウ科テイカカズラ属

12月に開花する植物

ニオイザクラ
アカネ科ルクリア属
フォーチュン
シュウカイドウ科ベゴニア属
シクラメン
サクラソウ科シクラメン属
ギョリュウバイ
フトモモ科ギョリュウバイ属
カトレア
ラン科

12月に植え付け・植え替えする植物

ムーングロウ
ヒノキ科ビャクシン属
イングリッシュデージー
キク科ヒナギク属
絵になるスミレ
スミレ科スミレ属
リナリア
ゴマノハグサ科
ジュードジオブスキュア
バラ科バラ属

人気記事

古い土の処分方法(初心者向け)
ガーデニング基礎知識・雑学
皇帝ダリア
キク科
カランコエ
ベンケイソウ科
11月のクリスマスローズの管理
クリスマスローズの管理
四季咲きナデシコ・テルスター
ナデシコ科
スポンサーリンク