ストロベリーミント

MENU
使い方
TOP>シソ科>ストロベリーミント
スポンサードリンク

ストロベリーミント

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名シソ科
属名ハッカ属
学名Mentha spicata Strawberry
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
多年草。甘い香りがするミントスペアミント園芸品種ハーブティにする。夏の極端な乾燥に弱いので半日陰で育てる。他のミントと簡単に交雑し、香りの薄いスペアミントが生まれて、庭中に香りのないミントが溢れる。なので、近くにミントがある場合は植えないか離す。
夏の乾燥で弱る。
大きさ・草丈・樹高
30cmから60cm
まとめ
●育て方はスペアミントを参考に。
●他の植物を駆逐するほどにはびこることがあるので注意。
水やりは普通。
肥料は春にやってもいいが、肥料が多いと香りが鈍くなるのであくまで控えめ。
●冬は地上部がなくなるが春には芽吹く。
●冬は土が凍結しないようにする。
●年中半日陰で管理する。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。

鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。夏の乾燥に注意。受け皿の水は捨ててください。
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
肥料
肥料はなくていいが肥料があるとよく生育する。ただし肥料が多いと香りが鈍くなりますので控えめに。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
用土
ハーブ用の土。
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。
●ストロベリーミントは地下茎で横に伸び、なおかつこぼれダネでも増えます。鉢植え・プランターに植えていても、いつのまにか庭にはびこることもあります。
●庭植えすると横に伸びていき、場合によっては他の植物を駆逐することがあります。庭植えする場合は土中にブロックや板を埋めて、決めた範囲から地下茎が伸びないようにします。地下に20センチほど埋めれば地下茎が進出することはないです。ただ、こぼれダネでも生育範囲が増えるのでそれは引っこ抜きましょう。
●他のミントと簡単に交雑する。交雑すると香りが薄くなる。なので近くに植えないか、最初から植えない。
ベランダガーデニングに適していると思う(個人的に)。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
半日陰で管理する。
春と秋は日当たりでもいいが、夏の直射日光には乾燥で枯れこむ。

冬は地上部が寒さで枯れるが、地下茎は生きている。霜に当たっても地上部がなくなるが春には芽吹く。ただし、土が凍結すると枯れるので鉢植えの場合は土が凍らない場所で管理する。

その他

この項目の修正・提案をする
増えすぎ注意
非常に強い勢いではびこるので、庭植えは非推奨。
鉢植えで管理するべき。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ストロベリーの香りがほんのりする。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用