パールアカシアの育て方

MENU
使い方 TOP

パールアカシア(クイーンズランドシルバーワトル)

パールアカシア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名マメ科
属名ネムノキ属
学名Acacia podalyriifolia
別名クイーンズランドシルバーワトル
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方はミモザアカシアも参考にしてください。小さな毛が生えているために葉っぱが白くて綺麗で人気品種だが意外と流通していない。3月前後に黄色いポンポン状の花が咲く。葉っぱと花の両方が見もの。
草丈3m(剪定すると1.5mに)
まとめ
水やりは乾燥気味に管理する。水をやりすぎると根腐れする。冬は水やりを控えめにする。
●庭植えにした場合は自然の雨で十分。
肥料は控えめ。なくても別に問題ない。
用土水はけの良いものを。
●開花後から夏までに剪定する。剪定して小さく抑える。大きくなると台風でポッキリと折れる。夏以降に剪定すると花芽を落としてしまうので花が咲かなくなる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をやります。乾燥気味にするといいです。春から秋は水切れもするので、気をつける。水をやりすぎると根腐れする。土が濡れているうちは水をやらないようにし、受け皿の水は捨てる。葉っぱが水切れでよれてきてから水をやってもいい。水をやるときは鉢底の穴から水が出てくるくらいにしっかりとやる。これは土中の汚いものやガスを洗い流す意味がある。
●冬は寒さで活動が止まっているので水やりは控えめに。
●冬は土が乾いてから数日たってから水をやるくらい。でも、水やりはすること。水やりを完全に忘れるとそのままカリカリになって枯れる。

庭植えの水やり
庭植えの場合、一度根づいてしまうと、基本的には降雨だけでも大丈夫です。夏は乾燥しますので、土の状態をよく見て水をやってください。
植え付けて二週間程度、根付くまではしっかりと水をあげてください。
肥料
パールアカシアは肥料をあまり必要としていません。開花が終わった6月あたりに緩効性肥料を根元に少量やる。生育が悪くないなら肥料はなくてもいい。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
水はけのよい土に植え付けます。市販の培養土赤玉土2割ほどを混ぜて水はけをよくして植えるとよいです。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。
植え付け
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、深さ30cmと直径30cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●強風でポッキリと折れてしまうので、支柱を必ず立ててください。もしくは何かにくくりつける。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりのいい場所が好ましいです。耐寒温度がマイナス5度なので、よほどの寒冷地でなければ戸外で越冬可能です。寒冷地の場合は冬は室内に取り込みます。
鉢植えにすれば室内の日当たりのいい窓辺で管理することも出来ます。関東以西では戸外で問題なく越冬。関東北部でも大丈夫。東北は寒さで枯れる(地域にもよるが)。

寒さに当たると葉っぱが黄色くなるが、それで枯れるってこともない。マイナス5度以下になると地上部が枯れる。春になると復活する?ってものでもないので、寒い地域には植えないようにする。
マイナス5度以下になる地域では鉢植えにして室内に取り込む。室内の日当たりで管理する。必ず日当たりで。冬の室内は暖房で乾燥する。意外と水が切れるので気をつける。特に暖房の風が直接当たると乾燥に強いパールアカシアでもカリカリになってそのまま枯れるので、直接当たらないようにする。

剪定・注意点

この項目の修正・提案をする
アレルギー注意
アカシアはアレルギー体質の人が居ますので、植える前にアカシアの抗体検査をした方がいいです。
剪定
春に花が咲いた後、夏までに翌年の花芽が出来ますので、花が終わったら出来るだけ早く剪定をします(7月上旬までにする)。夏以降に剪定すると花芽まで落としてしまいます。パールアカシアは庭植えで放置してると3m以上に育つので毎年剪定して小さくまとめるようにします。あと、伸ばしていると強風(台風)で枝が折れるので、そういう目的でも剪定はしたほうがいい。
●鉢植えだと大きくならない。
●剪定すると脇芽が出て、枝が出て、葉っぱも花も増える。剪定(=摘芯)はしましょう。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
葉っぱがユーカリのように丸葉で、小さな白い毛が生えていて銀に見えることから英名でクイーンズランドシルバーワトルと呼ばれる人気品種です。人気があるのですが、あまり流通していないのでネット見かけても売り切れていることが多いです。
アカシアと言う感じの黄色い花が咲き、甘い香りがします。
こんもりと大きなブッシュ状に繁茂します。日本では成長しても3メートルくらいです。剪定すれば1.5メートル程度に抑えることも簡単に出来ます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用