サルビア・ホットリップス(チェリーセージHL)の育て方

TOP >シソ科>>管理

サルビアホットリップス(チェリーセージホットリップス)

サルビアホットリップス
科名シソ科
属名アサギリ属
学名Salvia microphylla
別名チェリーセージホットリップス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. サルビアホットリップスの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承

サルビアホットリップスの育て方

サルビアホットリップスの育て方

サルビアホットリップスの育て方
文章の修正サルビア・ホットリップスはシソ科アサギリ属の宿根草チェリーセージとして流通するサルビア・ミクロフィラと似た姿のサルビア・グレッギーとその交配種のサルビア・ヤメンシスの中の何かの交配種です。性質・育て方はチェリーセージと同じです。

春から秋まで花を長い間咲かせて、冬になると落葉しますが、また春に芽を出します。庭植えにすると水やりもほとんど不要で、長期間咲いて夏の暑さにも枯れず、冬も地上部が枯死するものの越冬します。手間が掛らずハーブの香りがあり、他の植物の虫除けにもなるなど、いいことづくめのガーデニング材です。ただ、よく開花するといっても花が小さく、チラホラと開花するものなので、人によっては「思ってたのと違う」と不満を持つ人もいます。近所に開花している株があれば見てから購入を判断した方がいい。
まとめ
●チェリーセージの仲間。
●育てやすい。株は大きくなるが地下茎でどこまで広がることはない。
●乾燥気味を好み、水はけの良い土を好む。
●庭植えにしたら自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。
●鉢植えの場合は土が乾いていたらやる。
●庭植え推奨。
肥料はやらないでもいいが、やってもいい。やるんなら控えめで。
●冬は地上部が枯れ込むことがあるが、春になると芽吹きます。

参考他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
チェリーセージ
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やり

文章の修正庭植えすれば水やりはほぼ不要
庭植えにすれば、根付くまでは水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。真夏に日照りが続くようならば水をやってください。
鉢植えにした場合は、土が乾いたら水をやってください。土が濡れているうちは水をやらないようにします。サルビアホットリップスは乾燥気味を好みます。冬は寒さに当たって枯れ込むことがあります(残ることもある)。枯れ込んでも根が生きていれば、春になればまた芽吹くので、諦めずに冬の間もちょくちょく水やりをしましょう。

肥料

文章の修正春から秋の開花する時期に薄い液体肥料を2週間に一回やるか、緩効性化成肥料を1ヶ月に一回少量やります。肥料がないと多少開花が鈍いですが、痩せ地でも育ちますし、肥料がなくても枯れることはほとんどないです。生育が鈍いと思ったら肥料をやる程度でもいいです。

植え付け・植えかえ

文章の修正植え付け時期
春か秋に植え付け・植え替えをします。真夏は避けます。植え替えの時に株分けもできます。

用土

文章の修正ハーブ用の土で
鉢植えにする場合はハーブ用の土で植え付けをします。もしくは一般的な培養土でもいいです。庭に植える場合も出来ればハーブ用の土で植え付けをするといいです。元の土があまりに水捌けが悪いならば、川砂・赤玉土などを入れて水捌けをよくしてから植えましょう。

鉢植えの手順

文章の修正鉢植えの手順
8号鉢〜10号鉢で植え付けます。鉢底の穴を網でふさいで、その上に水捌けをよくするために軽石(ごろ石)を2cm〜3cmほど入れ、用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れていきます。鉢を揺らすと隙間ができるので、また用土を入れていきます。最後に水をやります。水をやって土が凹んだら、また土を足してください。
●古い土をおとして同じ大きさの鉢に植え替えることもできます。その際は傷んだ根を取り除き、地上部も半分ほど切り戻しましょう。
●株分けもできます。

庭植えの手順

文章の修正庭植えの手順
植え付けの2週間前に庭に直径30cm深さ20cmほどの穴を掘り、よく耕して苦土石灰を混ぜて中和させておきます。植え付けの1週間前に元の土に対して2割か3割ほどの腐葉土堆肥を追加して、化成肥料を少量入れてよく混ぜます。植え付けの日にを株を入れて、隙間に用土を入れていきます。最後にしっかりと水をやって完成です。
●石灰と肥料が化学反応を起こすため、ずらして混ぜます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで管理します。半日陰でも生育しますが、室内ではなく戸外で管理しましょう。
夏の暑さで花が白単色になったり、赤単色になったりしますが、涼しくなると白赤の二色咲きに戻ります。これは夏の暑さでホットリップスが弱り、元の性質(ミクロフィラやグレッギー)が出たのではないかと思われます。

耐寒性・耐暑性があり、庭植えに
耐寒性がマイナス7度と強いので、関東でも冬も戸外で越冬可能です。ただし土が凍結すると枯れますので土が凍るような場所ではマルチングして防寒しましょう。サルビアに割りに夏の暑さにも強いので戸外の庭植えに適しています――というか鉢植えにするのは勿体ないです。広がりすぎず、葉っぱがある間は甘い香りがし、手間が掛らず非常に便利。またコンパニオンプランツとして他の植物にアブラムシが付かなくなる効果もあります。

剪定

文章の修正梅雨前に刈り込んで、夏は開花を休ませると摘芯になって脇芽が増えて秋以降に花が増えます。といっても、ホットリップスって花がすごく多いものでもないので、やらないでもいいです。ただ、梅雨前に刈り込むことで株全体を小さくまとめる効果がありますので、ホットリップスが大きく暴れて困るなら、切り戻しはした方がいいです。
●二年目以降は株全体が木質化して大きくなって枝が暴れます。バッサリと剪定することで小さくまとめられます。剪定には強いのですが、あまり強い剪定をすること枯れることがあります。株全体の半分くらいの剪定とどめておきましょう。

病害虫

文章の修正バッタが発生して葉っぱを食べます。バッタはメス1匹で産卵して個体が増えるので被害が見られたら早めに薬剤を散布した方がいいです。基本的には病害虫は発生しないです。

特徴・由来・伝承

文章の修正流通上はチェリーセージとして販売されることが多いです。育て方はチェリーセージを参考にしても構いません。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

ラベンダーグロッソ
シソ科 ラベンダー
アメジストセージ
シソ科
ラベンダー
シソ科
ローズマリー
シソ科
ラベンダーセージ
シソ科
プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科
ラベンダーデンタータ
シソ科 ラベンダー
イングリッシュラベンダー
シソ科 ラベンダー
チェリーセージ
シソ科
コバルトセージ
シソ科

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク