ヒマワリの育て方

MENU
TOP>キク科>ヒマワリ
スポンサードリンク

ヒマワリ(サンフラワー・向日葵)

ヒマワリ
科名キク科
学名Halianthus
別名サンフラワー・向日葵
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日当たり次第で
日当たりのいい肥沃な場所で育ちます。日が当たらないと弱弱しくなりますので、しっかり日の当たる場所に植えてください。
大きく育つヒマワリに注意!
生育がいいとヒマワリの花がとても重くなり、10月に支えきれずに倒れて、危険なことがあります。そこで、適当な高さに育ったら、ヒマワリの一番先を摘んでしまいます。すると、ソレ以上大きくならず、脇から芽が出てきます。
●放射能を吸収するという話がありましたが、その後の調査でそういった性質は無いということです。

水やりと肥料


水やりを忘れずに
土が乾いたら水をしっかりやってください。本来は乾燥には強い方なのですが、根元に日が降り注ぐ環境にあるので、水が切れやすいです。あまりに水が切れると、シオシオになってダメになります。特に夏は水の吸い上げも激しく、蒸発も早いので、朝と夕方の二回しっかりと水をやってください。

肥料はあったほうがいい
肥料は市販の培養土に入っているので追肥は必ずしも必要ではありません。無いならないでそれなりに育ちます。むしろ肥料が多いと株が弱ってしまいます。開花時期に化成肥料を根本に少量やるか、液肥を上げる程度にします。
●大きく育てるにはやっぱり肥料(鶏糞)は必要です。植え付けのときに多めに混ぜておく。ただし、ヒマワリの生育の鍵はあくまで「日当たりと温度」。肥料はその次。
●肥料をしっかりとやっておくと、下葉から黄色く枯れていくというのが無い。また茎も太くなり、支柱がなくても倒れない。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


ヒマワリは直根性といって、一本大きな根が深く生えるタイプです。直根性はこの太い根が傷つくと枯れてしまいますので、大きくなってからの移植は枯れる原因になります。

用土は市販の培養土で
ヒマワリを植える時の土はこれといって選びません。市販している花と野菜の土を利用します。
●植え付けは5月以降が無難。4月は地域にもよりますが霜が降りることがある。霜にあたると一発で枯れます。

鉢に植えると小さく育つ
ヒマワリを鉢に植えると、根が深くまで伸びることが出来ずに株が小さくなり、花が咲いても種が出来るほどに大きくなりません。
●過密に植えると小さくなりますが、迫力があります。株間を空けて植えたほうが大きく育ちます。過密に植えることでも根は干渉しませんが、葉っぱが干渉して日照不足で小さくなる?みたいです。株間は50cm空けたほうがいいです。
●小さなヒマワリから採った種子を育てると、脇芽の多い小さなヒマワリしか咲かない個体が多い。
●ヒマワリの種を採ったら日陰で干して乾燥させること。乾燥させないとカビだらけになる。食べるにしても乾燥は必須。
●食用で育てるときは「食用ひまわり」の種子を買って育ててください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

とにかく日当たりで
とにかく日当たりで育てます。日光が不足するとヒョロ長くなり、葉っぱが黄色く変色してきます。
●日照時間と気温が花もちと生育の鍵。
●当然ながら霜に当たると一発で枯れる。

その他

害虫が発生します。前もってオルトランを撒いておくと、大抵は大丈夫です。食用の場合は、オルトランは使用しません。
病害虫と対応の農薬
タバコガ→オルトラン水和剤
黒斑病→オーソサイド水和剤80
べと病→オーソサイド水和剤80

こぼれダネでも
摘芯して脇芽を出させて花を小さく仕立てると種子が出来にくいのですが、摘芯せずに大きく育てると種子が出来ます。この種子が落ちて来年の春には芽吹いて花を咲かせることも。
●種子が出来ない品種もあります。こいった種類は花粉が少なく、衣服が汚れないので切花として任意があります。

品種ゴッホ、モネ、ロシア(大きい)、大雪山、ゴーギャン、バレンタイン、のぞみ、きらめき、イタリアンホワイト、レモンエクレア、パチノゴールド、ミュージックボックス、ファイアークラッカー、太陽、フロリスタン、ベルベットクイーン、マホガニーベルベット、リングオブファイヤー、ルビーエクリプス、ココア、フィエスタデルソル、サンゴールド、東北八重(サンフラワー)、テディベア、サンリッチオレンジ、サンリッチレモン、ムーランルージュ、プロカットバイカラー、サンリッチフレッシュオレンジ、チョコフレーク
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ヒマワリは大きな花を1つドカンと付けるイメージがありますが、あの花が実は小さな花の集まりで「頭状花序」と呼ばれます。外輪に付いた黄色い花びらは舌状花、内側の茶色い部分を筒状花と区別することもあります。

紀元前からインディアンの間では食用として栽培され、その後ヨーロッパからロシアに渡ると特殊な地位を得るようになります。ロシアはキリスト正教会で特定期間の間「油脂植物」を禁止するのですが、ヒマワリは古来の食べ物ではないので禁止リストに載っておらず、ロシアの人たちが教会法と矛盾せずに油脂分を取れるために急速に普及。ヒマワリの種は保存にも優れていて、種は寒さにも強いのでロシアで栽培出来ることから、食用ヒマワリの栽培ではロシアは世界一になりました。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ヒマワリの関連記事

ヒマワリの日記

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用