アロマティカスの育て方

MENU
使い方
TOP>シソ科>アロマティカス
スポンサードリンク

アロマティカス(キュバンオレガノ・スープミント)

アロマティカス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名シソ科
属名プレクトランサス科
学名Plectranthus amboinicus
別名キュバンオレガノ・スープミント
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
割と頑健なのですが、どうしても夏の暑さと湿気に弱いので、そのあたりの蒸れの管理が年中通して楽しめるかの境目になります。
梅雨前に根元近くの葉っぱを間引いて風通しをよくしてやるか、植え替えを兼ねて株分けをしましょう。アルマティカスは葉っぱが肉厚で自由に茂らせていると確実に蒸れます。
冬は最低五度。出来れば10度以上は欲しいです。リビングの窓際などのように人が生活する部屋で日が当たる場所で管理しましょう。
草丈
20cmから50cm
まとめ
●乾燥気味に水やり
肥料は控えめ。
●日当たりを好む。ただし真夏は半日陰か明るい日陰で管理する。
●冬は室内に取り込む。
●冬は室内の日当たりで管理し、水やりは控える。
●収穫はお好きな時にいつでもどうぞ。

水やり

この項目の修正・提案をする
乾燥気味に
土が乾いていたら水をしっかりとやります。アロマティカは乾燥気味の状態を好みますので、土に湿り気を感じるようであれば、水は控えてください。水をやり過ぎると腐って枯れます。
受け皿に水が溜まっていると根腐れの原因になりますので、受け皿の水は小まめに捨ててください。
冬の水やり
冬は活動が鈍くなっているので、水やりを控えめにします。土が乾いてから数日経って水をやる程度にします。

肥料

肥料
この項目の修正・提案をする
肥料は控えめ
肥料をやるとよく成長しますが、なくてもイイ。生育が悪く、特に理由もないのに葉っぱの色が薄い場合は肥料不足です。春に肥料をやってください。たくさんあげると香りが減りますので、加減してください。肥料が少ないから枯れるということはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
植え替え時期は真夏以外の春から秋。株分けは6月7月に行うとイイ。
用土
多肉植物の土・観葉植物の土か、自作する場合は赤玉土8にバーク堆肥2程度の割合です。または市販の土にパーライトを混ぜます。市販されている土…ハーブ土よりも水はけがよいものが好ましいです。
生育が順調だと一年に1回植え替えが必要になります。植え替えは夏前が好ましいです。冬は生育力が落ちていますし、夏は暑さでグッタリしています。
植え替え
古い鉢から取り出して、土を三分の一ほど落として、古い傷んだ根を切ってから、新しい土で植え替えます。同じ大きさの鉢に植え替えてもイイですし、株分けもできます。鉢底に網を敷いて、穴を塞いで、その上に2センチから3センチほど軽石を敷いて、その上に土を置いて、株を入れて、隙間に土を入れて、水をやって完成です。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日光を好みます。春や秋は戸外の日当りでも構いませんが、夏は直射日光で傷みますので、半日陰か明るい日陰で管理します。移動させるのが面倒であれば、春から秋に掛けては半日陰で管理してください。日光を好みますが、花が目的の植物ではありませんし、この時期は特に日当りにこだわる必要ありません。
●葉っぱが茂りすぎていると夏に蒸れて枯れこむので、夏前に刈り込んで風通しを良くし、傷んだ葉っぱを落としてしまう。
●日光が不足すると徒長します。

冬の管理

この項目の修正・提案をする

冬は出来るだけ日当りのいい場所においてください。10度以下で枯れるとも。最低気温が10度以下になる前に室内に取り込む。霜に当たると一発で枯れる。水を控えることで耐寒性が強くなって、5度位まで耐えられるようになります。冬は寒さで活動が鈍くなって変化がないですが、日光に当ててください。
また冷暖房の風が当たらない場所で管理してください。冷暖房の風は極端に乾燥しているので、葉っぱが傷みます。直に当たらなければいいです。

剪定

剪定
この項目の修正・提案をする
梅雨前の剪定
アロマティカスは蒸れに弱いです。なので梅雨前に全体を半分ほどに刈り込んで、傷んだ葉っぱ…黄色くなった葉っぱや茶色くなった葉っぱを取り除いて、風通しを良くします。
木質化回避の剪定
アロマティカスは木質化するほど大きくなると香りが鈍くなるので、木質化しない程度に定期的に刈り込みます。木質化してしまったら、挿し木して新しい株に更新します(つまり古い株は廃棄)。剪定した10センチ位の枝を土に挿していると発根します。根っこが出るまでは乾燥しないようにします。発根するまで一週間から二週間です。それを鉢植えにして管理します。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ミントのような香のする肉厚な葉っぱを持つハーブ。プレクトランサスの仲間です。キュバンオレガノやスープミントとも呼ばれます。寒さに弱いので、冬は室内で管理する必要があります。
葉っぱはプクプクしていて可愛らしく、感触は猫の肉球のよう。日光を当てていると強い香を放つようになります。
お店や図鑑によっては多肉植物として扱われます。実際肉厚で乾燥に強いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用