アロマティカスの育て方

MENU
TOP>シソ科>アロマティカス
スポンサードリンク

アロマティカス(キュバンオレガノ・スープミント)

nophoto
科名シソ科
属名プレクトランサス科
学名Plectranthus amboinicus
別名キュバンオレガノ・スープミント
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

割と頑健なのですが、どうしても夏の暑さと湿気に弱いので、そのあたりの蒸れの管理が年中通して楽しめるかの境目になります。
梅雨前に根元近くの葉っぱを間引いて風通しをよくしてやるか、植え替えを兼ねて株分けをしましょう。アルマティカスは葉っぱが肉厚で自由に茂らせていると確実に蒸れます。

冬は最低五度。出来れば10度以上は欲しいです。リビングの窓際などのように人が生活する部屋で日が当たる場所で管理しましょう。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。アロマティカは乾燥気味の状態を好みますので、土に湿り気を感じるようであれば、水は控えてください。水をやり過ぎると腐って枯れます。
受け皿に水が溜まっていると根腐れの原因になりますので、受け皿の水は小まめに捨ててください。

肥料をやるとよく成長します。ですがたくさんあげると香りが減りますので、加減してください。肥料が少ないから枯れるということはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土8にバーク堆肥2程度の割合です。または市販の土にパーライトを混ぜます。市販されている土…ハーブ土よりも水はけがよいものが好ましいです。
生育が順調だと一年に1回植え替えが必要になります。植え替えは夏前が好ましいです。冬は生育力が落ちていますし、夏は暑さでグッタリしています。

管理場所・日当たり

日光を好みます。春や秋は戸外の日当りでも構いませんが、夏は直射日光で傷みますので、半日陰か明るい日陰で管理します。移動させるのが面倒であれば、春から秋に掛けては半日陰で管理してください。日光を好みますが、花が目的の植物ではありませんし、この時期は特に日当りにこだわる必要ありません。

冬は出来るだけ日当りのいい場所においてください。また冷暖房の風が当たらない場所で管理してください。冷暖房の風は極端に乾燥しているので、葉っぱが傷みます。

特徴・由来・伝承

ミントのような香のする肉厚な葉っぱを持つハーブ。プレクトランサスの仲間です。キュバンオレガノやスープミントとも呼ばれます。寒さに弱いので、冬は室内で管理する必要があります。
葉っぱはプクプクしていて可愛らしく、感触は猫の肉球のよう。日光を当てていると強い香を放つようになります。
お店や図鑑によっては多肉植物として扱われます。実際肉厚で乾燥に強いです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用