カラミンサの育て方

MENU
TOP>シソ科>カラミンサ

カラミンサ(カラミンサネペタ)

カラミンサ
科名シソ科
学名Calamintha
別名カラミンサネペタ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ミントの香りはしますが、ミントの仲間ではなく、ミントのように地下茎で広範囲に広がって、隣の庭を侵食するということはありません。飽きたら引っこ抜いて駆除できます。増えすぎないのもカラミンサのいいところです。
こぼれ種でも増えますし、株もそのままで越冬します。宿根草という記述はあまり見かけませんが、どうやら宿根の様子。今後手間のかからないガーデニング材として人気が出るかもしれません。

まとめ
●育てるのは簡単。
●日向か半日蔭で育つ
●ミントの香りがする
●冬には枯れてしまいますが、こぼれダネで翌年も生えてきます。
スポンサードリンク

水やりと肥料


鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。庭植えにした場合は植え付け直後に二週間ほどはしっかりと水をやりますが、その後はほとんど降雨だけでも生育します(天気や地域、場所にもよりますが)

カラミンサは水はけのよい土を好みますが、極端な乾燥に逢うと枯れてしまいますので、日照りが続いているようであれば、しっかりと水をやってください。
肥料
生育時期…特に花が咲いている期間は液肥を月に二回か三回あげるか、春と初夏、秋に緩効性肥料を撒いてやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植え・鉢植え、共に可能です。
市販されている花と野菜の土でも構いません。もしくは赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜた土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりか半日蔭で
日当たりが好ましいですが、日陰・半日陰でも生育は可能です。ただし花つきが悪くなり、葉っぱがひょろ長く伸びるなどして樹形が乱れます。
水はけのよい場所であれば、何もしなくても育ちます。

特徴・由来・伝承

葉っぱに香りのあるハーブ。耐寒性がある常緑多年草。花の時期が長く、日当たりで育てていると小さな花がたくさん咲く。初心者向き。日陰でも生育しますが、花つき・樹形も悪くなるので、植えるのであれば、日当たりへ。

ここで取り上げているのはカラミンサのネペタ。カラミンサにはもう一つ花の大きなカラミンサ・グランディフローラという品種があります。グランディフローラは花の時期が短いこと、花も葉っぱも樹形も大きいことから、あまり一般的には好まれず流通量も少ないです。

ネペタは花の時期も長く、何かと使いやすいことから、流通も多く、花の色も増えています。一般的には白が流通しています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用