サンビタリアの育て方

MENU
TOP>キク科>サンビタリア

サンビタリア(ジャノメギク)

サンビタリア
科名キク科
学名Sanbitalia procumbens
別名ジャノメギク
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に種を撒くか、苗を植えて夏から晩秋まで咲き続けるキク科の植物です。暑さに強いですが、湿度に弱く、霜に当たって枯れてしまう一年草扱いの植物です。

梅雨・長雨に弱いために、植える場所に苦慮します。また過湿に弱いため、寄せ植えするのは組み合わせが難しい。鉢植えにする場合は単独で。
まとめ
●多湿に弱い。水のやりすぎ注意。梅雨や秋の長雨に注意。
●日当たりを好む。

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱いので、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。出来るだけ乾燥気味に管理するのはサンビタリアを育てるコツです。
●庭植えの場合、植え付けした直後には水をしっかりとやりますが、春と秋は降雨だけで十分です。真夏は日差しが強く蒸発が激しいので水をやってください。
●鉢植えの場合、土が乾燥してから水をやります。土が濡れているうちは絶対に水をやらないでください。

肥料は少なくても大丈夫です。市販されている花と野菜の土で植え付けをした場合は土に肥料が入っているので、しばらくは大丈夫です。
長く花が咲くので、10日に一回は液肥をやります。リンの多い肥料をあげるとよいです。窒素が多い肥料だと葉っぱばかりが茂って、花が少なくなります。
●多湿にしない・水をやり過ぎない
●土が濡れている状態を長くしない
●鉢植えの場合、水やりはメリハリをつける。

乾燥しているので水をやる→乾燥するまで水をやらない→土が乾燥してから水をやる→乾燥するまで水をやらない……
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販している土か、市販されている土に川砂を混ぜて水はけを良くしたもので植え付けします。もしくは赤玉土5腐葉土3川砂2を混ぜたもので植え付けをします。直根性で根を傷つけると生育不良になります。一旦植えると移植・植え替えは出来ません。
●水はけのよい土
●肥料は少なくてよい・肥沃でなくてもよい
●苗を植える場合は、根を傷つけないように気をつける。
●移植は出来ない

管理場所・日当たり

日光を好みますので、日当たりの良い場所で管理して下さい。多湿に弱く、梅雨の長雨に晒されると、腐って枯れてしまうので、梅雨や秋の長雨の時期は軒下に鉢植えの場合は移動させます。
庭植えする場合は、水はけのよい土の場所に植え付けをします。梅雨に強い雨に当たると根腐れを起こしますので、灰カビ予防剤を散布することで、予防が出来ますが、面倒かつ一般的ではありませんので、鉢植えにして、軒下管理がおすすめ。

その他

従来種は、茎が長く伸びて野趣あふれる…という咲き方をしますが、サンビーニ・スタービーニといった園芸新品種は、かなり小さくまとまります。

特徴・由来・伝承

サンビタリアの一般種は中心部が黒く、見た目が小さなヒマワリに似ています。乾燥に耐性があり、多湿に弱い。キク科のメランポジウムにも感じが似ていますが、メランポジウムは乾燥に弱く、サンビタリアとは性質が真反対。同じ感覚で水やりをしていると枯らしてしまいます。
一株で高さ10センチ、直径40センチほどのコンモリとした姿になります。グランドカバーとして利用されることもあります。
●メキシコ・グアテマラが原産。明治時代に渡来。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用