ミルクブッシュの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ミルクブッシュ
スポンサードリンク

ミルクブッシュ(青珊瑚)

ミルクブッシュ
科名トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
学名Euphorbia tirucalli
別名青珊瑚
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ユーフォルビアの仲間ですが、多肉植物です。サボテンのようなものです。乾燥に強いのですが、逆に水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。他の観葉植物と同じように水をやらないでください。
アレルギーの人も
ミルクブッシュは切ると白い汁が出ます。これに触れると炎症を起こす人がいます。敏感な人は汁に触れなくても、室内にミルクブッシュがあるだけで体調が悪くなります。
参考:ペットに危険な観葉植物たち

水やりと肥料

乾燥気味に管理がコツ
乾燥に強く、水をやりすぎるとグチャグチャに腐って枯れてしまいます。土が乾いて白く変色してからやっと、水をやってください。水をやるときはそこから染みだすくらいに、たっぷりとやります。

見た目が「多肉植物」っぽくないので、ついつい観葉植物と同じ感覚で水をやってしまい、枯らせることが多いので気をつけましょう。
冬の水やりは更に控える
冬は気温が下がることて生育も鈍ります。水やりはほとんどしないでいいです。月に一回、水をやるかどうか、そのくらい乾燥気味に管理します。
肥料について
初夏から夏の間に液肥を月に二回ほどあげます。基本的に肥料はあまり必要では無いです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている「多肉植物の土」「サボテンの土」を使います。自分で混ぜて作る場合は赤玉土腐葉土1川砂3を混ぜて植えかえをします。
植え替えの適期は5月か6月です。

管理場所・日当たり

とにかく日当たりへ
日当たりを好みます。春から秋にかけては戸外の日当たりか、室内の日当たりで管理します。日光に当たって十分な水があれば成長します。
冬の寒さに注意
暑さに強く、乾燥にも強いミルクブッシュですが、冬の寒さに弱く、5度以下になると枯れてしまいます。冬は室内に取り込みます。5度以上が最低です。出来れば10度以上の場所で管理します。霜に当たると枯れてしまいますので秋まで戸外で管理している場合は、入れ忘れに注意してください。うっかりして霜にあたると枯れます。
スポンサードリンク

剪定

邪魔になった枝を適当に剪定します。これといったコツなどはありません。ただし、切ったところから白い汁が出て来ます。自生地ではこれを薬に使うという話ですが、これが皮膚にあたるとかぶれますので、剪定をするときは、手袋をして作業しましょう。

特徴・由来・伝承

ユーフォルビアの一種で、多肉植物です。トウダイグサ科の植物で、ポインセチアと同じように、茎を切ると白い乳液状の汁が出て来ます。これに触れると皮膚がかぶれることがありますので、気を付けてください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用