ブッドレアの育て方

MENU
TOP>フジウツギ科>ブッドレア
スポンサードリンク

ブッドレア

ブッドレア
科名フジウツギ科
属名フジウツギ属
学名Buddleja
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


種子から芽が出やすい園芸用植物。種蒔きでも育てられます。現在日本で流通しているブッドレア(フジウツギ)はヨーロッパで品種改良されたものです。元々はアジアなどの地域の植物で日本にも自生種があります。なので洋風の庭でも和風の庭でも雰囲気を壊さない便利な園芸植物です。

生育サイクル
春に苗を植え、夏から秋に掛けて花が咲きます。冬になり霜に当たると落葉しますが、春になればまた芽吹いて花を咲かせます。多年草の半常緑低木です。

花ガラを摘みます
花が終わったらコマメに摘んでやると次の花が咲きやすくなります。終わった花をそのままにしていると、栄養が種子へとまわり、株の栄養が次の花に回らなくなります。花ガラは花が咲いているところから数節下から切り落として下さい。花ガラ摘みをしっかりとしていると、長期間花が咲きます。

夏の暑さで花が休むことも
夏の暑さに若干弱く、花が休むこともあります。この時期に焦って肥料をやらないようにします。

水やりと肥料


ジメジメを嫌う
乾燥に強く、シメジメした土を嫌います。水をやるときは土を触ってみて濡れているようであれば水やりは控えます。

庭植えにした場合は降雨だけでほとんど水をやる必要はありません。ただし日照りのときには水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

寒さには強く、霜に当たっても枯れはしません。ですが寒さに当たると落葉します。暖地では落葉せずに常緑のままに越冬します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

年間を通して日当たりへ
日光を好みます。夏の暑さに若干弱いところがありますが、それでも枯れるほどでもなく、霜にあたって落葉しますが春には芽吹きます。初心者向きの育てやすい植物です。

暖地では常緑
冬には落葉しますが、暖地では常緑で越冬します。

剪定は落葉時期に

霜が降りたあと、新芽が芽吹くまでの11月から3月までが選定の時期です。春になり新芽が芽吹いたその枝に花芽が付きますので、落葉時期ならばどの枝をどう裁いても、花芽には影響しません。

成長が早いので強めに
大きくなりすぎて困るくらいなので、昨年の様子を想像して、まとまるように強めに剪定します。また茂りすぎて風通しが悪くなり、蒸れて傷んでしまいますので、剪定は必要です。

細い枝、ひこばえを剪定
あまりに細い枝に花がつくと、花の重みで折れてしまいます。早めに切ってしまってもかまいません。ひこばえというのは幹から出る枝ではなくて、地面からヒョロっと出てくる細い枝で、勢いはありますが邪魔なので早めに切ってしまいます。

アブラムシ
アブラムシが発生します。薬剤で殺すか捕殺します。コウモリガという虫が発生することがあります。最悪枯れることも。

特徴・由来・伝承

花がキレイな園芸植物。和名はフジウツギ。属名からブッドレア・ブッドレヤという名前で流通することが多い。花には蜜があり、蝶や蜂が寄せられてくる。蜜にはサポニンが含まれていて有毒。ブッドレアという名前は植物学者で宣教師のAdam Buddleから。なぜかドイツの植物学者カール・フォン・リンネ(リンネウス)がBuddlejaと記述した。ちなみにこのブッドレアが発見――発見というか植物学上で分類された――17世紀や18世紀は宣教師が世界各地に布教に渡った土地で植物を本国に送る植物学者(というよりはプランツハンター)の側面を持っていました。

英語圏ではバタフライブッシュとも
花に多くの蜜を含み、蝶々を呼び寄せることから「バタフライブッシュ」という呼び名もあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

フジウツギ科の仲間


フジウツギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用