アガベー(リュウゼツラン)の育て方…水やり・管理場所など

MENU
TOP>リュウゼツラン科>リュウゼツラン
スポンサードリンク

リュウゼツラン(アガベー)

リュウゼツラン
科名リュウゼツラン科
属名リュウゼツラン属
学名Agave
別名アガベー
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


リュウゼツランと一口にいっても本来は多種あるのですが、小型も大型も何もかも一緒くたに「リュウゼツラン」もしくは「アガベ(アガベー)」として流通しています。育て方に大きな違いがないので問題はありません。

まとめ
●乾燥気味に管理する。水をやりすぎると寝腐れする。
●生育期に薄い液体肥料をやる。
●春から秋は戸外で管理。ただし真夏の直射日光には葉焼けすることがある。
●冬は室内で管理するのが無難。
●霜に当てなければ基本的には大丈夫。

水やりと肥料


乾燥に比較的強く、反対に多湿に弱いです。水をやりすぎると腐って枯れてしまいますので、春から秋の間は土が乾いてから水をやるようにします。土が濡れているうちは絶対に水をやらないようにしてください。水をやるときは鉢の底から水が染み出すくらいにシッカリとやってください。リュウゼツランだけに限らず、水やりを控えるというのは量ではなく回数です。
●乾燥に強いですが、あまりに水を控えると水切れを起こします。「乾燥気味」が適切です。
●受け皿の水は捨てて下さい。
●アガベーが枯れる原因のトップは間違いなく水のやりすぎ。

冬はほとんど水をやらない
冬は生育もしていませんし、蒸発量も減りますので、水を頻繁にやると根が腐って枯れてしまいます。水やりは気温、風通しなどによりますので絶対ではありませんが、一ヶ月か二ヶ月に一回程度の水やりにします。鉢を持ち上げてみて重いなら水やりはしないようにしてください。
●受け皿の水は捨てて下さい。

肥料は薄い液肥を
春から秋に掛けての生育期に薄い液肥を二週間に一回か三週間に一回程度やります。濃い肥料に当たると根が肥料焼けしますので、気をつけてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


二年に一回は植え替えを
用土サボテン専用土か、一般的な植物の土で植え付けをします。
根詰まりすると生育が止まり、葉っぱが黄色く変色して枯れ混んできます。大体二年に一回は植え替えをします。

鉢から抜いたら土を半分ほど落として、古い根を切り、新しい土で植え替えをします。植え替えはストレスになりますので、植え替えてしばらくは生育が止まります。植え替え直後は日陰でしばらく(一月くらいは)管理します。いきなり日当たりに出すと傷んでしまいます。
参考植え替え方法は以下のページからどうぞ
多肉植物がカサカサに枯れたりボサボサになったら

管理場所・日当たり

春から秋は戸外で
春から秋に掛けては戸外で管理してもOK。強い日光を好みます。ただし夏の直射日光に若干弱いので、葉焼けするようであれば半日陰や日陰で管理して下さい。
●梅雨の時期は雨の当たらない軒下に移動させます。
●日光が不足すると、斑入り品種は「斑」が鈍くなります。

冬は室内が基本
冬は基本的に室内で管理します。耐寒温度は0度。寒さには比較的強い観葉植物ですが、霜に当たれば枯れてしまいます。暖地であれば戸外でも越冬は可能です。中間地も霜に当たらないようにすれば、戸外でも越冬できなくもないですが、室内で管理するのが無難です。
●寒冷地は東北・北陸と北関東の一部など、毎年土が凍結するような土地。暖地は九州や四国南部などの冬でも霜が降りない地域。中間地はこれらの間。

特徴・由来・伝承


リュウゼツラン科リュウゼツラン属の植物。ユリ科やヒガンバナ科に入れられることもあります。リュウゼツランの学名はagave。なので、アガベとかアガベーと呼ばれることも。同科にはユッカドラセナの各種、チューベローズ、トックリラン、サンセベリアを含みます。どれも尖った葉っぱを持ち、乾燥に強い傾向があります。
リュウゼツランといえば…お酒
成長してくると、長い茎を伸ばし、先に花をつけます。この茎は、日ごろ蓄えていたデンプンから作った糖を送る管になっていて、切ると甘い汁が出てきます。これを調味料に使ったり、発酵させてお酒を造ります。マゲイという種類から作ったものが「プルケ」。プルケを蒸留したものが「メスカル」。テキラリュウゼツランから作った蒸留酒が「テキーラ」です。
お酒だけじゃない
甘い汁を煮込んだものがアガベシロップ。発酵させてお酒。葉を裂いて紙にしたり縄や糸を作ったり、トゲは針や釘や矢じり、葉を乾燥させて燃料代わりにしたり、屋根の材料にしたり、葉の絞り汁は石鹸に、花茎を薄く裂いたものは剃刀を研ぐことも出来る。とにかく南米――特にメキシコの生活に密着した植物です。
19世紀以降になると観葉としてヨーロッパへ
観葉植物としてヨーロッパで人気が出て、小型種は室内で大型種は温暖な地域で戸外で育成されました。そのおかげもあって、品種が多く、また変異もしやすいことと、個体差が大きいことから同定が難しい。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用