ツピタンサスの育て方

MENU
TOP>ウコギ科>ツピタンサス
スポンサードリンク

ツピタンサス(ツピダンサス)

ツピタンサス
科名ウコギ科
学名Tupidanthus calyptratus
別名ツピダンサス
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


剪定すると脇から新芽がでてきます。

20度前後が最も適している環境で、過湿するか、葉っぱに霧吹きを掛けてあげてください。

水やりと肥料


鉢の土が乾いたら水をしっかりとやります。受け皿に水が溜まっていたら水は捨ててください。土が乾いてから水をやるようにしてください。

葉っぱに霧吹きを
ツピタンサスは湿度の高い環境で自生する植物です。土に水をやるだけでなく、葉っぱに霧吹きで水分を補給してあげてください。土に水をしっかりやるだけでは、乾燥してしまいます。

液肥を
生育時期には液肥を10日に一回、あげてください。肥料が切れると葉っぱの艶が悪くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根が出ていたら、植え替えを考えてください。春から夏に植え替えをします。大きな鉢に植え替えると大きく育ちますので、あまり大きくしたくないならばほどほどの大きさの鉢に植えます。

用土観葉植物の土
用土は観葉植物の土を利用します。自作する場合は赤玉土6腐葉土3バーミキュライト1を混ぜたものを利用します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好みますが、真夏の直射日光には葉焼けします。ですが、日当たりで無くても半日陰でも少々の日陰でも育ちます。出来れば春と秋は戸外の半日陰や明るい日陰で管理してしっかりと成長させてください。

冬は室内で管理
越冬させるには5度以上必要です。秋まで戸外で管理していると忘れて室内に取り込み忘れて枯らすことがありますので気を付けてください。

エアコンの風が当たらないように
クーラーや暖房の風が当たると乾燥します。ツピタンサスは湿度の高い環境を好みますので、冷暖房の風が当たると乾燥で枯れてしまいますので、風が当たらないようにしてください。

特徴・由来・伝承

観葉植物として管理が楽で初心者向きの便利な植物です。ツピタンサスという名前でよく流通していますが、ツピダンサスとかツピタンツスとか読み方は色々とあるみたいです。

葉っぱや全体の雰囲気がカポックに似ています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ウコギ科の仲間


ウコギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用