ツピタンサスの育て方

TOP > ウコギ科 > ……

ツピタンサス(ツピダンサス・シェフレラピュックレリ)

ツピタンサス
科名ウコギ科
属名シェフレラ属
学名Schefflera pueckleri
別名ツピダンサス・シェフレラピュックレリ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
ツピタンサス(シェフレラピュックレリ)はウコギ科の植物。真夏の直射日光には葉焼けしますが、日光量が多いと葉っぱがツヤツヤになりますので、夏以外はできれば日光に当てたい。剪定すると脇から新芽がでてきますが、回復まで時間がかかるので、摘芯はやめたほうがいい。

20度前後でよく生育します。空気中の湿度が高い環境を好みますので、過湿するか、葉っぱに霧吹き(葉水)を掛けてあげてください。
まとめ
●スピタンサス(ツピダンサス)はウコギ科の常緑樹。日本では観葉植物として流通している。
●夏以外は水のやりすぎ注意。根腐れを起こします。
●湿度の高い環境を好む。葉っぱに霧吹きで水をやる。
●生育時期には肥料をやる。
●春と秋は戸外で日光に当てると良い。
●室内で管理している場合は、日当たりの良いところで。ただし、夏の直射日光には葉焼けするので、夏はカーテンなどで遮光する。
●冬は室内で管理する。
●植替えは二年に一回。
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
土が乾いたら水をやる
鉢の土が乾いたら水をしっかりとやります。受け皿に水が溜まっていたら水は捨ててください。土が乾いてから水をやるようにしてください。気温が20度以上になると生育がよくなり、土が乾燥しやすくなります。一方で10度以下になると生育が止まり、水を吸い上げる力が落ちます。冬は水やりの頻度を減らしてください。
水やりをするときは鉢底から水が染み出るくらいにしっかりとやります。冬も用土水はけが良いものであれば、鉢底から水が出るくらいにやります。水はけの悪い土ならば、水量を減らします。
冬は水やりの頻度を減らし、ツピタンサスの水分量を減らすことで、体液の濃度が濃くなり、寒さに強くなります。

水のやりすぎ注意
ツピタンサスに限らず、観葉植物を枯らす原因の多くが「水のやりすぎ」。根腐れします。土が乾いていないのに水をやったり、表面的には土が乾いているけど、内部では水がたっぷり残ってる!ってこともあります。よく分からない場合は割り箸を突き刺して中が濡れているかどうかを調べます。
●根腐れしてくると葉っぱの先が黒く変色します。

葉っぱに霧吹きを
ツピタンサスは湿度の高い環境で自生する植物です。土に水をやるだけでなく、葉っぱに霧吹きで水分を補給してあげてください(葉水)。土に水をしっかりやるだけでは、乾燥してしまいます。
●葉水をすることで、ハダニの予防にもなります。
●葉っぱを濡れたティッシュやタオルで吹いても良い。ツピタンサスの葉っぱにホコリが溜まると、それが光合成を邪魔してしまう。できるのならば戸外やベランダで株全体に水をバシャーっとかけてあげるといい。

肥料

文章の修正を申請する
液肥を
生育時期には液肥を2週間に一回やるか、二ヶ月に一回緩効性化成肥料をやります。肥料が切れると葉っぱの艶が悪くなります。
●肥料が切れても、それで枯れることはないです。

植え付け・植えかえ

文章の修正を申請する
植え替え
鉢底から根が出ていたら、植え替えを考えてください。二年に一回植え替えをします。春から夏に植え替えをします。大きな鉢に植え替えると大きく育ちますので、あまり大きくしたくないならばほどほどの大きさの鉢に植えます。
植え替えは8月の暑い時期を避けた温かい時期(5月から9月)に行います。
根詰まりをすると葉っぱの先が黒くなる。

用土は観葉植物の土
ツピタンサスは水はけの良い土を好みます。用土は観葉植物の土を利用します。もしくは観葉植物の土2に対して赤玉土小粒1を混ぜて水はけを良くしたほうがいいです。土を自作する場合は赤玉土6酸度調整済みピートモス3バーミキュライト1を混ぜたものを利用します。
●観葉植物の土は腐葉土の代わりにピートモスが入っている。腐葉土は臭うから室内で管理する植物には向いていない。

植え替えの方法
一回り大きな鉢を用意し、その鉢底の穴を網で塞いで、その上に軽石を3センチほど入れ、その上に株を入れて、用土を隙間に入れていく。株の土は落とさないほうがいいが、同じ大きさの鉢に植える場合は、根を落とさないように土を落として、地上部も半分ほどに切り詰めます。
ツピタンサスは生育が遅い植物ですので、切り詰めると復活まで時間がかかる。同じ大きさの鉢ではなく、一回り大きな鉢に植え替えるほうがいいです。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
春から秋の管理
日光を好むので春と秋は室内の日当たりで管理します。
日光を好みますが、真夏の直射日光には葉焼けします。夏は室内で管理して、カーテンなどで遮光します。日当たりで無くても半日陰でも少々の日陰でも育ちます。出来れば春と秋は戸外の半日陰や明るい日陰で管理してしっかりと成長させてください。春と秋に日光に当てると株がしっかりして葉っぱがつやつやになります。
●日陰で管理していると元気がなくなる。葉っぱが黒くなって変な感じに。室内で育てる事が多いですが、室内でも日当たり育てるようにしてください。
●日光不足になると、葉の色が悪くなり、葉っぱが黒くなり落葉したり、徒長(=ひょろ長くなる)します。

冬の管理
越冬させるには5度以上必要です。冬は必ず室内で管理します。霜に当たると枯れる。秋まで戸外で管理していると忘れて室内に取り込み忘れて枯らすことがありますので気を付けてください。
●昼間に人が生活している場所では暖房がかかっていて、寝る時に暖房を切っても5度以下にはほとんどならない。なので室内で越冬は十分可能。
●できれば10度以上が好ましい。
●霜が降りない地域では庭植えも可能。

エアコンの風が当たらないように
クーラーや暖房の風が当たると乾燥します。ツピタンサスは湿度の高い環境を好みますので、冷暖房の風が当たると乾燥で枯れてしまいますので、風が当たらないようにしてください。直接当たらなければいいです。
●湿度が低いならば、霧吹きで葉っぱに水をかけてあげましょう。
●冷暖房の風は非常に乾燥していて、どんな植物でも直に当たるとカリカリになって枯れます。

病害虫

文章の修正を申請する
アブラムシ
葉っぱの汁を吸う虫。少量でもすぐに大量に増える。薬剤を散布して殺すか、水やりのときに吹き飛ばすかする。
ハダニ
小さなクモの仲間で、葉っぱの裏から汁を吸う。乾燥すると発生するので、葉水をやれば予防できる。
スス病
アブラムシやカイガラムシの糞から発生する「カビ」。黒いカビで見た目が非常に悪い。こすってもなかなか落ちない。室内で観葉植物として管理するツピタンサスに発生すると目も当てられない(まぁ、あんまりないけど)。アブラムシ・カイガラムシを駆除するのが一番。
カイガラムシ
動かない虫。汁を吸って株を弱める。歯ブラシやティッシュでこそぎ落とすか、薬剤を何度も散布する(成虫には薬剤が効かないので一回では駆除できない)。多少なりとも発生する。早めに対処しないとカイガラムシは増えるし、スス病が発生する。
ナメクジ
葉っぱを食べる。葉っぱにヌラヌラの通り跡があったらナメクジ。誘引剤でおびき寄せる薬剤があるので、それで一網打尽にするが、戸外においているならどうしてもやってくる。
ダンゴムシ
本来は害がないが、食べるものがなくなるとツピタンサスを食べる。対応する薬剤で駆除する。

剪定

文章の修正を申請する
高さ調整の剪定
伸びて邪魔になったり、大きくなりすぎたら好きな長さ・高さに切り戻します。切った下の節から新芽が出てきますので、多少乱暴に剪定しても大丈夫ですが、ただ成長が遅いので無理に剪定しない方がいいです。
曲げる
幹が柔らかいうちに紐で引っ張ったり、針金で固定して樹形を好きに変えることができます。切り戻して新しく出た枝を曲げる。でも、一般的にはしない(業者じゃない限りは)。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
観葉植物として管理が楽で初心者向きの便利な植物です。ツピタンサスという名前でよく流通していますが、ツピダンサスとかツピタンツスとか読み方は色々とあるみたいです。ツピタンサスは古い学名のTupidanthus calyptratus(ツピタダンサス・カリプトラタス)から来ていて、現在はシェフレラ・ピュックレリが正式な名前ですが、ながくツピタンサスで流通していたのでそちらが一般的な名前になっています。
マレー半島・インドが原産。

葉っぱや全体の雰囲気がカポックに似ています。
管理用リンク
管理用