ホルムショルディア・テッテンシスの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>ホルムショルディア・テッテンシス
スポンサードリンク

ホルムショルディア・テッテンシス(タヒチアンハット・チャイニーズハット)

ホルムショルディア・テッテンシス
科名クマツヅラ科
属名ホルムショルディア属
学名Holmskioldia tettensis
別名タヒチアンハット・チャイニーズハット
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


原産地では樹高が3m以上になる。チャイニーズハットとも呼ばれます。流通するときは「ホルムショルディア・テッテンシス」より「チャイニーズハット」。本来は常緑樹。
5月から新芽が出て秋までよく生育します。育てるのは簡単。問題は夏の乾燥と冬の寒さだけども、十分乗り越えられる程度の難易度。
まとめ
●夏の乾燥に注意。
●夏の直射日光・高温に強いが、高温すぎて乾燥するとよくない。あまりに水切れするようであれば半日陰に移動する。
●冬は水を控える。
●霜に当たると枯れる。

水やりと肥料

春から秋の水やり
土が乾いたら水をやります。土が濡れているのに水をやっていると根腐れを起こしますが、ホルムショルディア・テッテンシスはどちらかというと乾燥して弱る方が多いですので、乾燥に気をつけてください。夏は乾燥してしまうので、水切れしないように朝と夕方の二回、毎日水をやります。花に水がかかると花がしおれてしまうので、水をやるときには株元に水をやってください。
冬の水やり
冬は寒さで生育が止まるので、土が乾いてから数日経って水をやるようにします。気温が15度以上を保てる場合は普通に水をやります。
肥料
春から秋にかけては液体肥料を一週間に一回やるか、固形肥料を1ヶ月に一回やります。真夏に35度以上になるのであれば、肥料はやらないようにしてください。
●肥料が多いと徒長する。肥料は少なめに。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは4月。2年に一回植え替えをします。植え替えの時に三分の一ほど切り戻します。植え替えは植物にとって「ストレス」なので、切り戻して地上部を減らすことで根の負担を減らさないと生育が鈍くなります。植え替えるときは根についた古い土をほとんど落とさないか、三分の一ほど落としてから、一回りかふた回り大きな鉢に植え替える。
用土
水はけの良い土を好みます。
一般的な花と野菜の培養土でも育つのですが、できれば一般的な花と野菜の培養土に赤玉土を2割か3割ほど混ぜて水はけをよくして使用するか、自作する場合は赤玉土7腐葉土2ピートモス1を混ぜて利用します。
鉢植え推奨
鉢植えが無難。鉢植えにして適宜、置き場所を変える方がいいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

高温には強いが寒さに弱い。具体的には5度から35度。霜に当たれば枯れますし、土が凍結されば枯れる。暖地なら戸外で越冬可能。
春・夏・秋
夏は戸外で管理。直射日光に強い。ほとんど葉焼けはしない。暑さには強い方なので、真夏は戸外の日当たりで良い。気温の上昇とともに生育します。ただし、あまりに乾燥して水切れしてしまうのであれば、半日陰に移動させてください。
●35度以上で生育が止まる。止まるが枯れない。


霜が降りる地域であれば、室内に取り込む。室内の日当たりで管理します。5度以上で大丈夫ですが、5度から7度くらいで落葉するかもしれません。落葉しても根まで枯れていなければ春にまた芽吹いて開花します。
●人が生活するリビングならば、暖房を切っても夜中に5度以下になることはほとんどないです。ただし窓の近くは5度以下になるので、夜は窓から離してください。
●気温が15度以上あると生育します。ただし15度以上を維持するには、床暖房+高気密高断熱の家か、温室が必要です。
●暖地であれば、戸外で越冬も可能ですが、暖地でも室内で管理する方が無難。
スポンサードリンク

その他

支柱を
高温になるとよく枝が伸びて、風が吹くと倒れるかもしれないので、支柱を添えてください。
雑記
摘芯することで、高さを抑えることができる。
●摘芯すると脇芽が出て株が大きくなる。

特徴・由来・伝承

チャイニーズハットと呼ばれる種類は「ホルムショルディア・テッテンシス(花が薄紫)」と「ホルムショルディア・サンギネア(花がオレンジ・黄色)」と二つあって、このページは前者。二つは開花する時期が違う。ホルムショルディア・テッテンシスは夏に開花。ホルムショルディア・サンギネアは秋から冬前にかけて開花します。

花の形状が帽子に似ているから?らしいです。インドからヒマラヤ原産。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用