ツバメスイセンの育て方

MENU
TOP>ヒガンバナ科>ツバメスイセン
スポンサードリンク

ツバメスイセン(燕水仙・ツバメアマリリス)

nophoto
科名ヒガンバナ科
別名燕水仙・ツバメアマリリス
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に植えて、夏に咲き、秋には球根を掘り出して、保管しておき、また春に植える。そういうイメージです。普通の水仙は寒さに強く植えっぱなしでも問題ないのですが、ツバメスイセンは水仙と名前が付いていますが、ヒガンバナ科の植物でまったくの別種です。土まで凍るような寒さに会うと枯れてしまいます。

寒さが苦手で、庭が凍るような寒さに会うと、球根まで枯れてしまいますので、寒冷地では秋には掘り起こして日陰に保管してください。

生育サイクル
春に植えて初夏に花が咲き、夏を越して秋以降気温の低下とともに休眠状態に入ります。冬には地上部が枯れます。13度以上に保つと地上部が枯れることなく越冬も可能ですが13度以上というのは温室がないと難しいので一般家庭では不可能です。

水やりと肥料

土が乾いたら水をタップリとやってください。秋以降は徐々に休眠状態になっていきます。水を控えてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の花と野菜の土で植えつけるか、市販の培養土に川砂を混ぜて水はけをよくしたものを使います。

植え付けは霜が降りなくなってから
ツバメスイセンは霜に当たると枯れるので、霜が降りなくなってから植えてください。球根の底が地表から10センチほどの深さに植えます。球根同士は15センチ以上は空けてください。

鉢植えの場合は植え替えは3年に一回
球根がなかなか増えない、大きくならないので、頻繁に植え返してもしょうがありません。大きく育てば、手でサックリ分けることができます。無理に裂くと球根が傷ついて腐って枯れることも。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
春から秋に掛けては日当たりで管理します。ただし、真夏の暑さと直射日光に弱く、ツバメスイセンが傷んでしまいます。真夏は室内に取り込んでください。どうしても戸外で管理している場合は、日除けをしてください。

冬は室内が基本
鉢植えの場合は冬は室内で管理します。ツバメスイセンは半耐寒性で5度以上で越冬しますので、地域によってはそのままでも越冬しますし、地域によっては霜よけがあれば戸外でも大丈夫です。腐葉土をかぶせて防寒します。もしくは掘り上げて、オガクズやバーミキュライトを入れた発泡スチロールの箱に入れて室内で管理して春になったら、また植え付けします。

その他

花が終わったら茎の根本から切る
アマリリスと同様に花が終わったら、太い茎の根元から切ってください。花のすぐ下で切ってしまうと残った茎が腐って病気の元に成ります。

また花を切らないで居ると種子を作ろうとして株の栄養が種子にまわって、球根が弱ります。

特徴・由来・伝承

真っ赤で不思議な形の花が咲く、ヒガンバナ科の植物で、名前にスイセンとありますが、スイセンとは違う種類の花です。

ツバメスイセンという名前には不似合いな強烈な花の姿。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ツバメスイセンの日記

ヒガンバナ科の仲間


ヒガンバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用