ジニアの育て方

MENU
TOP>キク科>ジニア

ジニア(百日草)

ジニア
科名キク科
属名ヒャクニチソウ属
学名Zinnia
別名百日草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ジニアは春に植えて初夏から秋にかけて長い間花を咲かせる一年草の園芸植物です。一般的には黄色いものが見かけられますが、白やピンクなどの品種もあります。

ジニアは百日草の名にたがわず、日光にしっかり当てて、水を切らさないようにすれば、長く楽しめます。生育が早く、初心者向きです。直射日光にも強く、日陰に植えなければ、これといって手も掛かりません。

花が一通り咲いた頃に、地上から三節ほど残して、ばっさりと刈ると、脇芽が出てきて、更に大きな株になります。

水やりと肥料

水を切らさないようにしてください。特に夏は蒸発が激しく、ジニアは水切れをおこしやすくなりますので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。夏場に気を抜いて水が切れると葉っぱが非常に見苦しいことになります。

肥料は一週間に1回、液肥を与えてください。良く花が咲く植物なので、肥料が切れると花が少なくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ジニアは水はけのよい土を好みます。用土は市販されている花と野菜の土を利用します。自作する場合は赤だま土7に腐葉土3くらいです。庭植えする場合は植える一週間前に、苦土石灰を撒き、中和しておきます。

プランターの場合は横長のプランターにジニアの苗を4個ほど。三つでは隙間が目立ちます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

ジニアはとにかく日当たり。日当たりを好みます。日光が不足すると花つきも悪くなります。夏場に乾燥で水切れを起こしやすくなりますが、できるだけ日当たりで管理します。

ただし、プランターや鉢植えで管理していて、横から日が当たって、いくら水をやっても水切れを起こすようならば、半日陰に移動させます。

その他

ジニア・リネアリスとジニア・エレガンスを交配させたものが「ジニア・プロフュージョン」です。エレガンスがジニアの中では一般的な品種です。

現在ではジニア・プロフュージョンやジニア・リネアリスの方が人気があり、一般的になりつつあります。

特徴・由来・伝承

ジニアの学名はジニア・エレガンス…優雅という名前を与えられています。花色も黄色・白・ムラサキと幅広く、小輪のものから10センチ以上の大輪もあります。
和名の百日草は百日もの長い間、楽しめることから来ています。実際は100日以上咲きます。

メキシコから1769年にヨーロッパに伝えらましたが当初のジニアは一重の赤紫で小輪であったことから、ヨーロッパではあまり栽培されていませんでした。その後八重咲きのジニアが発見されてからはヨーロッパで品種改良され、現在の多種になりました。

原種は亜潅木のものもありますが、日本で栽培されるものは一年草です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用