シャルウィダンスの育て方

MENU
TOP>ナス科>シャルウィダンス

シャルウィダンス(カリブラコア)

シャルウィダンス
科名ナス科
属名カリブラコア属
別名カリブラコア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方はカリブラコアを参考に
カリブラコアシャルウィダンスはカリブラコアの園芸品種の一つです。育て方はペチュニアとカリブラコアを参考にしてください。

花ガラを摘みましょう
花が終わったら、花ガラをマメに摘むと花つきがよくなります。花ガラを放置しておくと、種を作ろうと栄養が回り次のツボミが作られにくくなります。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が乾いたら水をやってください。カリブラコアは若干蒸れに弱いので、梅雨時期に蒸れて葉っぱが腐ることがあります。蒸れそうであれば、間引きして風通しを良くしてください。梅雨前に一旦地上10センチ~15センチくらいで切り戻してしまうと、その後、脇芽が出て株が大きくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

特に気にすることはありません。市販の土に植えてください。

管理場所・日当たり

日当たりで管理してください
日の当たる場所で管理してください。日光が少ないと花つきが悪くなります。半日陰でも枯れることはありませんが、花の数が少なくなってしまいます。詳細はカリブラコアを参考にしてください。

寒さに一定の耐性が
カリブラコアはペチュニア系にしては寒さに耐性があり、霜が避けられる場所であれば越冬も可能です。翌年春に新芽が出ます。
ただし連作障害を起こしますので、同じ場所(同じ土)で育てていると徐々に株が弱まり、2年か3年で消えてしまいます。

特徴・由来・伝承


カリブラコアの園芸品種の1つ。小さな花が好く咲きます。早春から晩秋まで咲くので初心者向き。花の大きさが揃いやすく、分岐が良く株が大きくなります。

ペチュニア・カリブラコアでありがちな、中心部分がハゲにくく、こんもりと立派な株に育ちやすいのが特徴です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用