水やりのコツ

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識・雑学>水やりのコツ
スポンサードリンク

水やりは土が乾いてから


水やりは土が乾いてから
水をやりすぎると、根が腐って枯れてしまいます。初心者が植物を枯らせる原因の一位が水のやりすぎです。指で土に触ってみて、濡れているようならば、水はやらないでください。これが基本です。
何日に一回水をやるとはハッキリ言えない
水やりの頻度は季節・日当たり・気温・風通し・土の配合・植物の種類によって、大きく違います。何日に一回の水やりと解説ページに書いてあってもあくまで参考程度にしてください。土の乾き具合を確認して水をやるようにしましょう。
水をやるときはしっかりと
水を控えるという書き方をしているのですが、この控えるというのは量では無く頻度です。一回の水やりは一部の例外を除いて、鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやるようにします。水をやるという行為には水分補給以外にも幾つかの目的があります。詳細は水やりのページで。
スポンサードリンク

花に水、葉に水


花に水が掛ると花はしぼみます
花は水が掛ると花をしぼませます。花を長く楽しむためには土に水を注ぐのが基本です。口の長いジョウロがあると水やりが楽になります。
でも……
葉っぱが乾燥するのを嫌う植物もいますし、葉っぱが乾燥するとハダニが発生しますので、戸外の植物なら、たまには水を葉っぱにも掛けるように上からバシャーっと水をやってください。室内で管理している場合は霧吹きで水を葉っぱにかけてハダニを予防します。
葉っぱに水が掛ると枯れる植物も
中には葉に水が掛ると葉っぱが傷んでしまう植物(ミリオンスターカランコエベゴニアなど)もあります。各解説ページをチェックしてください。

また、花に水が掛るとしぼむのですが、あんまり気にしないことが多いです。面倒ですからね。

上からやるときの注意


植物の上から水をバシャーっと掛けるときは、上から掛けて、なおかつ土にも水を注いで下さい。

葉っぱが邪魔になって根本に水が落ちません。

夏と冬


夏の水やり
真夏は気温が高く、水の蒸発が激しいので、戸外で管理している時は特に、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。昼に水をやると、鉢や土に日が当たって水が沸騰して根を痛めてしまいます。
冬の水やりは控えめに
冬は逆に蒸発量が減り、植物が水を吸い上げる力が落ちていますので、水は控えます。冬に成長が停まる植物は、土が乾いてから数日経って水をやる程度になります。
葉水をしましょう
土に水をやると、根腐れしやすいのですが、冷暖房で空気が乾燥していて葉っぱがカラカラという時期があります。観葉植物の冬がこういう状態です。また胡蝶蘭デンファレといったラン科や空気中の湿度の高い熱帯雨林の植物は夏も葉水をしてあげるとよく生育します。
あと乾燥するとコナジラミ・ハダニが発生しやすいです。葉っぱの裏に霧吹き

まとめ

●基本は土が乾いてから、水をやる。
●水をやりすぎると根が腐る
●やるときは鉢底から染み出すくらいにする。ただしラン類やサボテンサンセベリアの類は別。
●花に水が掛かると、花がしぼむので、土に注ぐと花が長持ちする。
●葉っぱが乾燥するとハダニが付きやすいのでたまには葉っぱに水を掛ける。もしくは霧吹きで水を掛ける
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用