パイナップルミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>パイナップルミント
スポンサードリンク

パイナップルミント

パイナップルミント
科名シソ科
学名M.suaveolens.Variegata
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

他のミント類と交配しやすく、こぼれダネから翌年新しい芽が生えてくると、性質がまちまちになるので、出来るだけミント類が生えている場所の近くには植えないようにします。

アップルミントよりおすすめです。

挿し芽でいくらでも増えるので繁殖させる場合は挿し芽で増やします。種での繁殖は性質がバラけ、香りも少なくなりますのでしない方がいいです。

水やりと肥料


土が乾いていたら水をやります。パイナップルミントは少し湿っているくらいを好みますが、常時濡れていると根腐れを起こして枯れてしまいます。土が濡れている間は水をやらないでください。
●冬は地上部が枯れますが、根は生きています。地上部がなくても水をやってください。冬は土が乾いてから数日経って水をやる程度に控えます。

肥料
春にハーブ用の肥料か、固形肥料を少量あげてください。もしくは生育期間に薄い液肥を二週に一回あげます。パイナップルミントはあまり肥料を必要としていません。あまり肥料が多いと枯れることがありますので控えめに。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


庭植えより鉢植え推奨
庭植えも生育では適していますが、アップルミントほどではないですが繁殖力はかなり強い方ですので、繁殖力の弱い植物の側に植えると駆逐することもあります。プランターで育てて、適宜刈り取ってハーブとして利用するのが実用的で簡単です。
用土
土は特に選びません。市販されている花と野菜の土で植え付けします。もしくは赤玉土6腐葉土4で植え付けします。
交雑させない
ミント類は他の種類のミントと交雑すると徐々に香りが弱くなっていきます。近くに別種のミントを植えないようにし、また、花を刈って種子を落とさないようにすることで予防できます。
●近くに植えていなくても、種子を残すと徐々に香りの少ない株ばかりになっていきますので、花・蕾を摘むようにします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

夏は直射日光で葉っぱが焼けて傷んでしまいます。夏は半日陰で管理します。パイナップルミントは春も秋も半日陰で管理した方が葉っぱが柔らかく美味しく育ちますので、料理に使うのであれば半日陰で。一年中半日陰の場所…ベランダでも十分育ちます。

冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが、根は生きていて、春にはまた新芽が出て来ます。冬の間も極端に乾燥しないように水をやってください。

切り戻しすると株が大きくなります

パイナップルミントの芽の先を切ってやると、脇芽が出てきて葉っぱが増え、株が大きくなります。そこで、定期的に収穫を兼ねて、切り戻しをします。切り戻しは地上三センチくらい残して刈り込みます。非常に強い植物なので、これだけ刈り込んでも盛り返します。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

パイナップルというかリンゴというか、甘酸っぱい香りがするハーブの一種です。アップルミントの斑入りです。

ギリシャ神話にミンテという妖精が出て来ます。ミンテは冥界の王プルートの寵愛を受けていましたが、嫉妬深いプルートの妻に呪いかけられ、ハーブになりました。それが「ミント」です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用