アマリリスの育て方

MENU
TOP>ヒガンバナ科>アマリリス
スポンサードリンク

アマリリス

アマリリス
科名ヒガンバナ科
属名ヒッペアストルム属
学名Hippeastrum
みずやり水控え目
場所季節による
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方まとめ
●花が終わったら、茎の根元から切る。葉は切らない。
●水のやりすぎに注意。
●花が終わってから秋までの間に、球根を太らせると翌年咲きやすい。
●秋冬の寒さに当てないと花芽ができないが、基本的に寒さには弱い。
●10度以下で葉っぱが枯れる。葉っぱが枯れてから室内に取り込む。


来年も咲きます
春に花が咲いて、その後は葉っぱだけで生育し、冬には寒さで葉っぱが枯れます。冬には水やりを一切ストップします。変に水をやりすぎて枯らすことが多いです。
●花芽をつけるためには、寒さに当てて、水を切る必要があります。これをしないとただ球根が肥えるだけで、開花しません。
●冬に普通に管理すると葉っぱも枯れない。でもこれでは花芽が付かず、花が咲かない。
●アマリリスは意図的に寒さに当てて休眠させないと、休眠しません。
●冬に休眠させないで常緑で越冬させても花は咲く品種も多いが、寒さに当てて休眠させたほうが開花しやすい。

花が枯れたら
花が枯れたら、太い花の茎ごと根本から切り取ってください(葉っぱは切らないで)。
茎と花を残しておくと種を作ろうと栄養がそこに行ってしまい球根が痩せてしまいます。花だけ切って茎を残すと、この太い茎の部分が腐って病気の元になりますので、花の茎の根本から切ってください。

葉っぱ4枚につき、花芽が
花が終わった後にも葉っぱが光合成をして球根を太らせます。この花後~秋に掛けてしっかりと生育することで翌年の花芽が形成されます。この時期にしっかりと日に当て、肥料をやって育ててください。
沖縄では常緑
冬になると葉っぱが無くなりますが、暖かい沖縄ならば年中常緑で花を咲かせています。部屋で管理している場合10度以下にならないでいると、葉っぱが枯れません。ちゃんと寒さにあてて無理やり休眠させてしまいましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料


春~夏は土が乾いたら水やりを
春~夏に掛けては、土が乾いたら水をしっかりやってください。土が乾いていないうちは水は控えましょう。球根の植物は乾燥に強く、多湿に弱いです。水を多くあげると腐ってしまいます。
●水やりは土を触るなり、見るなりして確認してから。ぬれているなら水をやらない
宅配商品のアマリリスは宅配中に水切れしないようにピートモスが詰まっています。これが水もちがよすぎて根腐れしやすい。水を控えるしかないです。
コバエが飛んでいるのは水のやりすぎ。

気温が下がってきたら水を控える
秋~冬にかけては、成長は鈍化して葉が枯れ始め、休眠期間へと移行します。このとき夏の感覚で水をやっていると、ほぼ確実に球根が腐ってしまいます。涼しくなってきたら水は控えて、真冬は水を一切やりません。
●冬に水を切ることで花芽が形成されやすくなります。
●気温と水があれば、休眠に入らず、葉っぱが枯れません。休眠しないと花芽が形成されづらい品種もあります。
●水をやらなくても枯れません。また、活動をしていませんから、水をやっても吸い上げません。

肥料
春夏の成長期に養分が蓄えられるので、この時期に栄養剤を与えて来年の葉が沢山出るようにしてやりましょう。肥料は一般的な液肥でいいです。アマリリスは根が強く「多肥」にも耐えるし、どちらかというと肥料食いです。花が咲くことでスカスカになった球根を回復させることが翌年の花の第一歩です。
冬は肥料をやらないでください。
●液肥は花が咲くように「リン」が多く含まれることが多いですが、アマリリスには「5−5−5」や「8−8−8」のようなバランスよく配合されているものを使用するといいですが、ま、そんな気にしないでもいいです。大して差はないです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土質を選びません
市販の花と野菜の土で育ちます。プラスチックの小さな鉢に植わっている場合は、植え替えをします。植え替えは休眠中にします。このとき、球根の横に球根の小さいのがあったら分球して株分けが出来ます。
●冬に水と肥料を切って寒さに当てると「休眠」します。これは意図的にしないと休眠しません。

管理場所・日当たり

春から秋は日当たりで管理します
日光を好みますので、春~初夏に掛けては外の日当たりに置くか、窓辺の日の当たる場所に置いてください。真夏の直射日光には弱いので、真夏は半日陰に移動してください。
●1日の最低気温が10度以下にならないならば戸外に出しても良い。万が一のために15度からがいい。

花が咲いているなら人目がつく場所で
ギフトで貰った場合、花が咲いている間は玄関などに飾って観賞して、花がしぼんだら日当たりに移動させるといいです。
冬は室内で管理
寒さに弱いので冬は室内で管理してください。霜や雪に当たると枯れてしまいます。鉢植えの場合は植えっぱなしで構いません。庭植えしている場合は、秋には掘り上げて室内で管理します。越冬させれば、来年また花を咲かせてくれます。
●翌年開花させるには、地上部の葉っぱが枯れるくらいの寒さには当てないと花芽は付きません。暖地中間地では霜と雨の当たらない軒下で管理します。
●花芽ができる休眠するくらいの気温は「10度」です。
●5度あたりで球根も完全に枯死します。
●よって晩秋まで戸外で管理して、葉っぱが枯れたら、取り込むというのがパターンです。
●寒さに当てないと花芽ができないと、書きましたが、これは一般的なアマリリスのことで、品種や個体によっては寒さに当てないでも毎年咲きます。
スポンサードリンク

その他

品種:ダズラー、ミネルバ、レッドライオン
●アマリリスは本来熱帯の植物。気温が25度以上だと生育し続け定期的に開花する。この理屈だと冬の休眠は不要。ところが、アマリリスは雨季と乾季のある地域を原産としている種類もあり、これとの交配を繰り返している。よって休眠…つまり乾季が花芽形成のトリガーにはなっている。

特徴・由来・伝承


中南米に生息する球根の植物。ヒガンバナ科の球根には微量ですがリコリンという毒素を含んでいます。

アマリリスといえば、リコーダーの練習曲にそういうものがある思い出があります。この大きな拡声器のような花とイメージが違う。

このページに載っている写真は厳密に言うと「ヒッペアストラム属」です。昔から言われる正式なアマリリスは「ベラドンナリリー」とか「ホンアマリリス」という名前で流通しています。

園芸に詳しい人がこのページを見ると「けしからん」と思うかもしれませんが、ヒッペアストラム属がアマリリスとして流通していますので、アマリリスとして掲載しています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アマリリスの関連記事

アマリリスの日記

ヒガンバナ科の仲間


ヒガンバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用