グランドカバーとは

TOP >ガーデニング基礎知識(中級編)>オススメで人気のグランドカバープランツの一覧>園芸用語>>管理

目次

  1. グランドカバーとは
  2. 基礎知識
  3. グランドカバーに適した植物
  4. SNSボタン・関連記事

グランドカバーとは

グランドカバーとは
文章の修正概要
ガーデニングする上で、地面を覆い隠すために植える、草丈が低いか、匍匐(ホフク)する性質の植物のこと。
フェンスに這わせるものもグランドカバーと分類することがあります。一般的に性質は頑健なものが選ばれます。結果的にグランドカバーを植えた場所には雑草が生えづらく、下草管理が楽になります。
まとめ
●芝生が一番分かりやすいですが、芝生は管理が大変なので敬遠されやすい。
クラピアリュウノヒゲタマリュウ)、クローバーダイカンドラポリゴナムクリーピングタイムロンギカウリスタイム)、シバザクラアジュガセダム、芝生(高麗芝)についてはオススメで人気のグランドカバープランツの一覧にまとめているのでそちらを参考に。
●常緑のものが楽ですが、種類が限られています。リュウノヒゲが無難です。
クラピアが人気。繁殖しつつ、花が綺麗で、管理もできる。

スポンサーリンク

基礎知識

グランドカバーを植える前にすること

文章の修正グランドカバーを植える前にすること
広い場所にグランドカバーを広げるなら、除草剤を撒いて枯らせてから。防草シートを敷いて、穴を空けてクラピアなどを植えると新たな雑草を抑制できます。防草シートは不織布のほうが良い。織ったものはほつれてしまう。耐久性が高い種類の方が結局は安上がりになります。防草シートの重なる部分は余裕を持って多めに重ねるといいです。隙間から雑草が伸びてきます。
防草シート+砂利を敷いても、いずれは落ち葉やホコリや土が堆積してそこに雑草が生える。それでも防草シートがあった方が良い。雑草が深くまで根を張れず、抜きやすいので。
●人工芝という選択肢もある。人工芝も数年で取り替えることになるし、あの感じを嫌う人は多い。
参考除草剤 除草・草取り・草刈り・防草のまとめ

雑草避けについて

文章の修正雑草とグランドカバー
グランドカバーで雑草対策にするには、他の植物が生えてこないくらいに密になるかどうか?にかかっている。クラピアも地上部が枯れる冬から春は雑草が生えるし、玉竜ダイコンドラも覆い尽くせなければ生えてくる。よって覆い尽くすまでは雑草を取らなくちゃいけない。

グランドカバーを広げても、その間から雑草はある程度生えてくる。生えた時に、グランドカバーの中に生えているために抜きにくい。グリホサート系除草剤を葉っぱに塗りつけることで、雑草だけを狙い撃ちして刈らせることも可能。イネ科だけを枯らす除草剤もあるので、イネ科雑草が繁茂しているならコレを使う。イネ科以外…ハマスゲ、カタバミ、コニシキソウなどはグリホ系除草剤を塗るか、手で抜く。これが結構大変。
●グランドカバーは雑草避けにもなるが、地面が露出しているのが嫌!って理由で植えるのもある。
●防草にはアレロパシーの強いローズマリーを植えると雑草除けになる(グランドカバーにはならない)。

雑記

文章の修正
●斑入り品種は緑葉種(=普通種)より弱い傾向がある。斑入り種の中から先祖返りして緑葉が出てくると、その緑葉に侵食されて全部緑葉になってしまうこともある。緑葉は早めに摘んでしまうか、面倒なら最初から普通種を植える。
●寒冷地ならフユイチゴ・ミヤマフユイチゴ・イブキジャコウソウなど。
●冬は汚くなるのはしょうがない。ダイコンドラ・セリセアは寒冷地以外では常緑。
●落葉樹が生えていて、落ち葉が邪魔ならバキューム(落ち葉を吸う機械)やブロワー(風を送って飛ばす機械)の購入を考えてみては?
●グランドカバーで覆うと虫が住みやすいため、トカゲやカナヘビがやってくる。トカゲやカナヘビは葉を食べる虫を食べるので「害獣」ではないが。
●グランドカバーに限らずだが、管理する人がいるかいないか?は大きな問題で、手間がかかっても綺麗にしたいならば芝生が良い。それが面倒ならば玉竜・クラピアが次の候補になる。
●たまにグランドカバーに熊笹を勧める人がいるが、絶対にやめとく。
●日陰のグランドカバーにはサギゴケアジュガリシマキアリッシー・リシマキアライムリーフ・リュウノヒゲ(玉竜)・ラミウムなど。

グランドカバーに適した植物

オススメ

文章の修正オススメ
グランドカバーにおすすめの植物で人気のものはクラピアリュウノヒゲタマリュウ)、クローバーダイカンドラポリゴナムクリーピングタイムロンギカウリスタイム)、シバザクラアジュガセダム、芝生(高麗芝)など。画像付きで詳細にまとめたものは以下のリンクを参考に。

次点のオススメ

文章の修正
野イチゴ系
ワイルドストロベリー
宿根草。ランナーとこぼれダネでよく増える。根の張りが浅くて、不要になったら抜ける。乾燥に弱く、環境によっては適さない。まめに水やればいいけど。

ヘビイチゴ
宿根草・斑入り品種もある。グランドカバーに売られることもあるが繁殖力の強い雑草でもある。ワイルドストロベリーより草丈が低くグランドカバーに適している。冬には地上部が枯れるが春にはまた芽吹く。草丈が低く、遠目には緑の絨毯っぽいので見た目はよい。他の雑草に草丈で負けて競争に負けることも多い。参考:庭に生える雑草

キイチゴルブス
寒さに強く、夏の暑さにも強い。地表を覆い他の植物を駆逐することもある。苗はあんまり出回っていない。

ベロニカ
ベロニカ・オックスフォードブルー
這性ベロニカ。踏まないなら便利でオススメの品種。耐寒温度がマイナス10度まであり、南関東なら戸外で問題なく越冬。北関東でも可能かも。夏越しも可能。

ベロニカ・ミッフィーブルート
オックスフォードブルーより寒さに強い。

ヘデラ
つた性で日陰でも育つ。斑入り品種は夏の直射日光に葉焼けすることがあるが基本的に非常に頑健。放置しておくと水が不足してカリカリになることが多いです。品種が非常に多く、葉が小さなものもあるし、斑入りの仕方が違うものが多種ある。繁殖力が強く、他の植物を駆逐することもあり、ある程度、管理して広がらないようにするつもりじゃないと植えない方がいい。

リシマキア・ヌンムラリアオーレア
日向を好むが、同時に水も欲しがるため日当たりで管理しているとカリカリで枯れやすい。冬に枯れ込んでしまう。リシマキア・リッシーの方が寒さに強く斑入りで綺麗。

バーベナ
タピアンなど。這性バーベナ(宿根草)ならグランドカバーに適している。なにより花期が長く頑健。ただし連作障害を起こし、数年後には消える。そこが便利かもしれない。

プラティア
踏みつけには弱いがグランドカバー向き。花が小さくて愛らしい。アングラータ系は強い。虫に食べられる。

シンバラリアツタバウンランキンバラリア
本州から北海道の半日陰で育つ、楚々とした植物。葉っぱが小さく、密生する。帰化しているくらいなので手間は要らないです。冬も常緑。シンバラリア・アエクイトリロバなど。

注意が必要

文章の修正注意が必要な植物
繁殖力の強いグランドカバー植物は植えてはいけない植物と紙一重です。ここでは繁殖力が強く、管理し切れないと他の植物を駆逐したり、隣家に侵入することがある植物をあげています。
ワイヤープランツ
細い茎に小さな葉っぱ。ルックスはOK。半日陰で育ち、真夏の直射日光と乾燥に弱いので場所を選ぶ。一度水切れすると復活が難しい。踏み付けにもある程度は強い。広がる速度が遅い。環境が合うとよく繁茂して他の植物を浸食し、壁を登って隣家にも侵入しかねない。

ミントアップルミント
もしくはパイナップルミント。これらミント類は地下茎で横へ横へと伸びていきます。雑草を駆逐するほどに茂るので、他の植物を植えている場合は注意が必要です。冬には地上部が枯れます。

ペニーロイヤルミント
寒冷地にも。宿根草・虫除けになる?って話もあるが実際にはほとんど感じられない。繁殖力が旺盛で駆除が難しい。

ツルニチニチソウ
ビンカマジョール・宿根草。よく生育して他の植物を駆逐するかもしれない。

ドクダミ
植えてはいけない植物にも挙げられる。斑入り品種を植えると結構綺麗。刈り込んだ時に異臭がすごい。種でも地下茎でも増えるため、鉢植えにしていてもいつのまにか、庭の一角を占拠する。ドクダミ茶・入浴剤にするから!って植える人もいるが、繁殖が消費を上回る。種子はできにくい(不稔性)が、実際はできる。種子より地下茎でよく増えるので地下茎に目がいきがちだが、種子も馬鹿にできない。グリホサートを葉っぱに塗って駆除しても、また出てくるのは種子があるから。駆除するときは根気強くやっていく。

カタバミ
草丈が低く、愛らしい花が咲く。非常に繁殖力が強いので駆除が難しい。植えようと思って植えるのではなく、勝手に侵入してくる。

オキザリス
カタバミの仲間で繁殖力は強い。駆除できなくもない。

その他

文章の修正
ヒューケラ
冬の寒さに強いですが、若干夏の暑さに弱い。日当たりではなく半日陰を好み、花もキレイ。

フッキソウ
日陰か半日陰を好み、日当たりや乾燥を嫌います。草のようですが木です。

ハツユキカズラ
新芽がきれいで、紅葉もキレイ。頑健で育てやすく広がりすぎることも無い。木質化するので、芝生のように踏んで歩くような植物ではありません。

マツバギク
乾燥に強く、真夏の直射にも強いですが、寒さに弱く、霜に当たると即死。暖地では選択肢に入れてみてください。踏みつけには弱いため、一般的じゃない。

マルバストラム
開花時期が短く、踏みつけにも弱い。ですが、花がかわいく、宿根草。

グレコマ(カキドオシ)
宿根草・斑入り品種もある。虫に食われて退場することもある。

ラミウム
宿根草。水切れに弱い。日陰に強いが虫がつくため、あんまり綺麗じゃない。

ビオラ
ビオラ・ソロリア(アメリカスミレサイシン)こぼれダネで増える宿根草。


クリーピングビオラ(ビオラ・バンクシー)一年草
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
ガーデニング基礎知識(中級編)
グランドカバーの一覧(表)
雑学

同じカテゴリの記事

根詰まり
園芸用語根詰まりの原因と対処
家庭菜園
園芸用語
葉焼け
園芸用語日差しに弱い
多肉植物
園芸用語サボテン
矮性
園芸用語
ファスティギアータ
園芸用語
酸性土
園芸用語
観葉植物
園芸用語グリーン
オージープランツ
園芸用語
低木
園芸用語
スポンサーリンク