ボリジの育て方

MENU
TOP>ムラサキ科>ボリジ
スポンサードリンク

ボリジ(ルリジサ・ルリジシャ・ルリヂシャ)

ボリジ
科名ムラサキ科
属名ボラゴ属
学名Borago officinalis
別名ルリジサ・ルリジシャ・ルリヂシャ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

本来は多年草ですが、夏の暑さに弱く、8月前後に溶けて消えていきます。地域によっては夏越えも可能ですが、暖地では難しいと考えてください。冷涼地では夏も花が咲きますが、一年草扱いです。
こぼれダネで翌年も
初夏の花に付いたこぼれダネで秋以降にも芽を吹くことがあります。
夏越しに挑戦するならば
夏の湿気に弱いので、梅雨前に下葉を間引いて風通しをよくしてあげてください。
トゲがあるので作業のときは厚い手袋を
食べることが出来る…とされていますが、トゲがあって、収穫するのも億劫です。作業するときはゴム手袋などをして防護しましょう。

水やりと肥料

土が乾いてから水をしっかりとあげます。ハーブであり比較的乾燥に強く、水はけの良い土を好むので水をやりすぎると、根を傷めてしまいます。庭植えにした場合は植え付け時に水をやり根付いた後は降雨だけでも充分です。
肥料は植え付け時に混ぜ込んだらそれ以上は与えないで下さい。市販の土にはすでに肥料が混ぜ込んであります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ハーブの専用土で植えてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
日当りのいい場所で、水はけのいい土で管理してください。日光が当たっていないと葉っぱの色艶も悪くなりますし、花も付きづらくなります。ただし、真夏の直射日光がバリバリとあたると暑さで傷みますので、夏越えする場合は日除けが必要になります。
夏には高温多湿で枯れる――でもこぼれダネも
寒冷地では夏越しも可能ですが、暖地では夏越しが難しく、夏には消えてなくなると考えて下さい。ただし、こぼれダネで秋にはまた芽吹くことがあります。
霜に当てないように
霜に当たると傷んでしまいますので、軒下や何かの植物によって霜が当たらなくなるような場所で管理します。

特徴・由来・伝承

一般的にはあまり耳にしたことのないボリジですが、ハーブであり民間薬として古代ギリシャから利用されてきました。兵士が出陣する前にボリジを浮かべたワインを飲んで景気づけをしたということです。
星型の青い美しい花を咲かせます。ただ花がうつむいて咲き、ゴチャっとしているのでピンと来ないかもしれません。
葉っぱにはきゅうりのような香があり、天ぷらやサラダにして食べられます。花を砂糖漬けにしてケーキの飾りとしてアクセントにすることもあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ムラサキ科の仲間


ムラサキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用