イポメアの育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>イポメア

イポメア(リーフイポメア)

イポメア
科名ヒルガオ科
属名サツマイモ属
学名Ipomoea batatas
別名リーフイポメア
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

真夏の庭を覆う鮮やかなグリーン
イポメアは葉っぱの種類もたくさんあり、繁殖力旺盛なグランドカバーとしても人気の園芸植物です。基本的には春に庭植えして冬に枯れる一年草扱いのカラーリーフです。
暑い夏に強い!
夏の暑さにヘトヘトになり花が休むのが通常の庭の中でも、むしろ暑くないと生育が悪くなるというこのイポメアは是非植えたい夏の園芸植物。しかも安い。まだ人気が出ていないのもありますが、サツマイモですからね。
花が咲かない
説明書きには日本では鹿児島・沖縄以外では花は咲かないとされていますが、実際には多少は咲くらしいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春に植えて
春に水はけのよい土に植えます。

秋に掘るとサツマイモのようなものが
イポメアはサツマイモの仲間ですので、地下にはサツマイモが出来ています。このまま捨ててもいいのですが、これを凍らないように貯蔵しておいて春に植えると、また芽が生えてきます。苗もそんなに高いものではないので、大抵はそこまでしません。面倒ですし。

管理場所・日当たり

日当たりがよすぎて花が休む真夏の庭に
半日陰でも育ちますが、イポメアの利点は真夏の直射日光と多湿にも負けないところです。イポメアを半日陰に植えるくらいなら、別の半日陰を好む植物を植えましょう。

特徴・由来・伝承

イポメアとはヒルガオ科サツマイモ属の学名です。よってこのイポメアという植物はサツマイモの観葉園芸植物です。鮮やかな黄緑や斑入りのもの、赤いものなど多色のイポメアがあり、カラリーフとして人気があります。日本の高温多湿にも耐え――まぁサツマイモなんだからよく考えたら当たり前なんですが――冬の寒さに弱く15度を下回ったあたりから枯れ始めます。
庭植えでグランドカバーも!
春に植えれば夏の暑さに負けずに地表を多いグランドカバーにも。もちろん冬には枯れてしまいますけども、鮮やかな色合いを楽しむだけでも鑑賞価値があります。しかも秋にはサツマイモが収穫できるという話です(食べたこと無いので美味しいかどうかは不明、おそらくは食べられたものじゃない)。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用