アズレアセージの育て方

TOP >シソ科>>管理

アズレアセージ(プレイリーセージ・ブルーセージ)

アズレアセージ
科名シソ科
属名アキギリ属
学名Salvia azurea
別名プレイリーセージ・ブルーセージ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. アズレアセージの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 特徴・由来・伝承
  8. SNSボタン・関連記事

アズレアセージの育て方

アズレアセージの育て方
文章の修正アズレアセージはシソ科アサギリ属の宿根草学名サルビア・アズレア(Salvia azurea)。ブルーセージで流通することもあります。ブルーセージという名前は「青いサルビア」という漠然とした意味なので他の種も含まれることがあります(タグをよく確認しましょう)。このページでは「サルビア・アズレア」の育て方についてまとめ、解説しています。

アズレアセージは放置しておくと1メートル以上にもなるので適当に刈り込みましょう。本当に樹形がムチャクチャに伸びてしまいます。格好が悪いのもありますが、春から夏の間の生育期に適当にツル先を刈っておくと脇芽が出てきて結果、大きな株に育ちますので、定期的に適当に整えるか、梅雨前に蒸れ対策でバッサリと剪定します。

ハーブなので乾燥に強いですが、夏の湿気に弱いので、6月~7月に地表10センチほどで刈り込んで風通しをよくしてやってください。秋に気温が下がってくると芽が出てきて開花します。
せっかちな人のためのまとめ
水やりは控えめに。
●日当たりを好む。
肥料は控えめ。
●梅雨前後に刈り込んで、風通しをよくして夏越しさせる。
●ハーブ用の土で植える。
●寒さには強い。

参考他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正水やり
水が土が乾いたらたっぷりやってください。鉢植えであれば、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。地植えならば、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫です(ただしあまりに乾燥する時期は水をやりましょう)。ハーブは乾燥に強いので、水をやり過ぎると根が腐ってしまいますので気をつけてください。常時、土が濡れているようなら水の遣り過ぎです。
冬の水やり
冬は地上部が枯れますが春にはまた芽が出てきます。冬の間は水は控えて、たまに水をやる程度にしてください。鉢植えであれば、土が乾いてから数日たってやる程度。地植えであれば冬はよほど乾燥しない限り水やりは不要です。
●地上部が枯れていると水やりは忘れがち。

肥料

文章の修正肥料はさほど必要がありません。生育時期に薄い液体肥料を2週に一回程度やります。肥料が多いと根腐れしたり、生育不良を起こすので、肥料は控えめがコツ。夏は暑さで生育が鈍っているので肥料はやらないでください。

植え付け

文章の修正赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜた土か、市販の花と野菜の土か、ハーブ用の土で植え付けをします。ハーブ用の土が一番、便利で楽でアズレアセージに合っています。
水はけのいい土で無いと、夏の湿気に当たられてしまいます。

庭植えの手順

文章の修正庭植えの手順
植え付けの2週間前に深さ20cmほど、直径30cmの穴を掘り、掘り出した土に苦土石灰を混ぜて中和させておきます。植え付けの1週間前に腐葉土か堆肥を元の土に対して2割ほど足して、化成肥料を少量入れてよく混ぜておきます。
植え付けの日に穴を掘ってアズレアセージの苗を入れ、隙間に用土を入れて、水をしっかりとやります。これで植え付けは完成です。

鉢植えの手順

文章の修正鉢植えの手順
8号〜10号の鉢にアズレアセージ1苗を植えます。鉢の底の穴を網で塞ぎます。網はホームセンターで売っています。網の上に軽石を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を詰めていきます。最後に水をやって完成です。
植え替えの時は、土を三分の一ほど落として、古い傷んだ根を切って取り除き、根の負担を減らすために地上部を半分ほど剪定して、植え替えます。同じ大きさの鉢に植え替えれば株の大きさは抑えられます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好むのですが、真夏の直射日光に弱いので、真夏は半日陰に移動してください。蒸れる場合は地表10センチほど残して刈り込んでください。

耐寒性はあります。霜に当たっても枯れません(地上部は傷んで枯れる)。寒冷地の路地でも越冬可能なほどに寒さには耐性があります(マイナス5度まで)。ただし冬は地上部が無くなります。無くなりますが春になれば芽吹くので忘れずに管理しましょう。

剪定

文章の修正アズレアセージは樹高が1m〜2mまで育ち、非常に高くなります。邪魔で庭を圧迫するほどに枝が暴れるので梅雨前に全体を刈り込みます。この剪定は夏の蒸れ対策と、樹高対策と、枝が暴れるのを防ぐ目的と、切り戻しによる摘芯で枝を増やす目的、秋以降の本格的な開花のために株を養生させる意味もあります。一番は「枝の暴れ」ですかね。

6月〜7月に剪定します。8月の中旬以降だと、9月10月の本格開花に間に合わないので早めに済ましてしまいましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正青い繊細な花が咲きます。花の形はチェリーセージに似ています。

アズレアセージという名前だったり、ブルーセージだったりとまだ名前が定着していません。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

シソ科
ローズリーフセージ
シソ科サルビア属
エゴマ
シソ科シソ属
ヒソップ
シソ科ヤナギハッカ属
レモンバーム
シソ科セイヨウヤマハッカ属
コリウス・ニューゴールド
シソ科コリウス属
シルバータイム
シソ科イブキジャコウソウ属
ローズマリー
シソ科アキギリ属
ロンギカウリスタイム
シソ科イブキジャコウソウ属
スポンサーリンク