ルッコラの育て方

TOP > アブラナ科 > ……

ルッコラ

ルッコラ
科名アブラナ科
属名キバナスズシロ属
学名Eruca sativa
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
種子から育てる
種から育てます。種子の発芽率が高いので、これをプランターに撒いて育てを繰り返します。種蒔きは真夏と冬以外ならばいつでもかまいません。複数のプランターを用意して、時期をずらして種蒔きをして継続して収穫するという手法が家庭でも手軽に出来ます。
花芽を摘むと柔らかい葉を収穫できますが
花が咲くと葉っぱが硬くなり美味しくないです。そこで花を摘みつつ柔らかい葉っぱを収穫します。しかしルッコラは、こぼれダネで翌年も咲くことがあります。収穫に飽きたら花をそのままにしておきましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正を申請する
水は土が乾いていたらやってください。乾燥させると成分が濃くなるのか苦味が強くなってしまいます。乾燥しすぎないように水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
発芽率がよく、種を購入してそれを時期をずらしてまけば、長期間継続的にルッコラを収穫出来ます。ルッコラはアブラナ科の植物でハボタンキャベツといった植物と同様にトウがたち、その先に花が咲きます。こうなると葉っぱが硬くなって、食べるのには向かなくなります。

酸性の土を嫌います
庭植えする場合は、植える二週間前までに苦土石灰を混ぜ込んで中和させておいてから植え付けをします。プランター植えする場合は必ず新しい培養土ホームセンターなどで売っている花と野菜の土)で植え付けをします。培養土はすでに中和されていますし、ばい菌や不純物が入っていません。古い土は栄養が偏り、pHも酸性になっていますし、虫や病気が住んでいます。

種のまき方
種が重ならないようにパラパラとまき、種の上に土を2ミリか3ミリ被せます。その上から水を注ぎます。種が流れないように霧吹きで水をかけ、発芽するまでは土が乾かないようにします。
発芽するとプランターにたくさん芽が出ます。これらから元気のいいのを残してあとは間引きます。ルッコラの株同士が15センチ前後ほど空くまで間引きます。横長プランターに3株か4株程度です。
大体一ヶ月か二ヶ月で収穫できます。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
日当たりのよいところで管理。夏の直射日光に当たると葉っぱが傷んでしまいますので、真夏は直射日光を避けて半日陰や明るい日陰で育てます。
食べるなら遮光を
直射日光に当たると、葉っぱが硬くなりますので、日当たりに植えた場合はヨシズなどで遮光してあげましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
ゴマのような風味と絡みと苦味があるハーブ。野菜として食卓に出ることが増えてきています。家庭でも育てられます。英語・フランス語ではロケット。イタリア語でルッコラ、もしくはルーコラと呼ばれます。

ホレ薬の効果があると信じられていた。
管理用リンク
管理用