ベンジャミンの育て方(植え替え・水やりのコツ・落葉対策)

MENU
TOP>クワ科>ベンジャミン
スポンサードリンク

ベンジャミン(シダレガジュマル)

ベンジャミン
科名クワ科
属名イチジク属
学名Ficus benjamina
別名シダレガジュマル
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日が当たって欲しいですが、耐陰性もある程度はありますので、明るい日陰でも育ってくれます。また、真夏の直射日光には弱く、葉っぱが焼けて黒く変色します。変色するようであれば、カーテンなどで遮光するか、日陰に移動させてください。

冬は五度以上の温度が必要です。

環境が変わると葉っぱが落ちる
ベンジャミンは購入直後はどうしても葉っぱが落ちます。環境が変わると古い葉っぱを落として、新しい環境用の葉っぱにしようとします。落ちたからと言ってあせらずに、そのまま育ててください。むしろ健康的な反応です。
●また冬の間に乾燥などで、葉っぱが傷んで黄色くなったものが落ちますが、これもよくあることなので気にしないで下さい。
●といっても丸坊主になるほど葉っぱが落ちるであれば原因が「環境の変化への対応」ではありません。乾燥・水・日当たりなど管理方法を再考してみましょう。

まとめ
●土が乾いたら水をやる。
●置き場所は頻繁に変えない。
●冷暖房の風は厳禁。
●強い日光は苦手。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が濡れてるなら水はやらないで
5月から9月は生育期で水をよく吸い上げてます。土の表面が乾いたら、鉢底から染み出すくらいに、水をしっかりとやってください。受け皿に水が溜まっていたら捨てて下さい。水が腐って根腐れの原因になります。土を触ってみて濡れている間は水をやらないようにしてください。
観葉植物を枯らす第1位は水のやりすぎです。

乾燥にも気をつける
ベンジャミンは乾燥に弱いので、生育期に水を切らさないようにしてください。
水を控えると耐寒性が強くなる
10月以降、気温が下がり、成長が鈍くなると、水を吸い上げる力が弱くなります。コレ以降は乾燥気味に管理してください。乾燥気味に管理することでベンジャミンの「耐寒性」を上げることが出来ます。目安としては、土が白く変色したら、水をタップリとやる…という感じです。
●冬でも水をやるときは、鉢底から水が出るくらいにしっかりとやってください。
●冬に水を控えるのは「頻度」です。水の量じゃないです。

葉水をしましょう
冬は暖房のために乾燥しやすいのですが、土に水をやり過ぎてもベンジャミンによくありません。そこで、葉っぱに霧吹きで水を吹きかけてやって乾燥対策をします。夏もクーラーが効いた部屋は乾燥しています。葉っぱに霧吹きを掛けて水をやってください。
肥料
生育期(5月~9月)に液体肥料をあげるか、化成肥料を根元にあげてください。ただし化成肥料は臭いので室内に置いている場合はオススメしません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

3年以上同じ鉢で育てていると、根が詰まってしまいます。放置しておくと、葉っぱが落ちて、葉色が悪くなります。植え替えをしましょう。ホームセンターなどで市販している観葉植物の土でOKです。

家で育てていると、これ以上大きくなってもらったら困るな・・・ということもあります。そういう時は大きな鉢に植え替えずに、同じ大きさの鉢に植え替えます。
植え替え方法
古い土を三分の一ほど落とします。地上部の枝も三分の一ほど落とします。植え替えは株にストレスなので、枝葉をそのままにして植え替えると根に負担がかかり、復活まで時間がかかります。
必ず新しい土で植え替えをします。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりでもOK。夏は直射を避ける
ベンジャミンは日が当たった方が葉っぱの色が濃く、艶やかになります。当たってない側の葉が薄くなります。樹形を整える為に、たまに向きを変えて満遍なく日をあててあげてください。
春から秋は戸外の半日陰でも
室内の明るい場所でも充分に育ってくれます。窓のあるリビングが目安です。キッチンではさすがに光量が不足します。春と秋は戸外の日当たりでもOK。夏は半日陰に移動させます。移動が面倒なので春から秋は戸外の半日陰でも構いません。
冷暖房の風は厳禁。
暖房やクーラーの風が当たらないようにしてください。冷暖房の風は非常に乾燥していてコレがベンジャミンに当たると、葉っぱが落ちてしまいます。直接当たらなければいいです。
それでも乾燥しますから、乾燥するなら霧吹きで水をやってください。
スポンサードリンク

ベンジャミンの葉が落ちる理由


水のやりすぎ、水不足、日光不足、気温の急激な変化、冷暖房の風が当たって乾燥した……など色々ありますので、葉っぱが落ちただけではコレとは言いきれませんが、意外な理由として、「場所が変わったから」というものもあります。購入直後は環境に適応する為に葉っぱを取り替えようと葉っぱを落とします。このときあせってアチコチへと移動させると、どんどん葉っぱが落ちていきます。まずは場所を替えずに様子を見てください。
実がなる?
ベンジャミンの株が充実してくると、丸い実のようなものができます。ベンジャミンはイチジクの仲間でイチジク同様に内部に虫を呼び込むタイプの花をつけます。これ、花なんです。無理に斬って捨てることはありません。ちなみに日本に受粉する虫がいないので、種子は出来ません。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ベンジャミンの原産地はインドや東南アジアです。観葉植物としては、長く栽培され愛される観葉植物の代表格的存在です。ですが、環境が変わるとパラパラと葉っぱが落ちたり、乾燥に弱くてクーラーや暖房の風に当たって葉っぱが落ちるために、どうも「弱い」イメージが強いですが、暖かくて冷暖房の風の当たらない場所をココと決めて動かさなければ、大丈夫です。

白い斑入りベンジャミンなども出ています。

ベンジャミンの若い幹はとても柔らかいために、ミツアミにしたものがよく出回っています。ソレを見て、ベンジャミンの幹は三つ網状に育つと勘違いする人もいますが、あれは人工的につくったものです。

ベンジャミンはイチジクの仲間です。長期間育てていると、小さなイチジクのような実が付きます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンジャミンの関連記事

ベンジャミンの日記

クワ科の仲間


クワ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用